--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.06
Sun





友人からのうれしいお誘い。青山でフレンチのランチです。

フロリレージュ お店のHP


こんな素敵なお店でランチなんてドキドキです。
そんな調子でいい感じにのどが渇いていたので、まずはドリンクを。
DSCN1102.jpg
洋梨のジュース。

DSCN1103.jpg
瓶もかわいい。

雰囲気があって照明もイイ感じの明るさ。

。。
。。。
ということは、私の腕で綺麗な写真を望むことはできません。
かといって、満足行くまで写真を撮っていると料理が冷めてしまう。
今回は残念ながら、写真はそこそこに料理に集中しよう!!
と、この時点で心に誓ったのでした。

さて、こちらのランチは、
アミューズ・前菜・メイン・デザート・ドリンク
という構成だそうで、続けて前菜とメインの説明をしていただきました。
各自注文して、スタートです。

注)
いつもよりもピントが合っていなかったり、ちょっと暗かったりしますがご勘弁を<(_ _)>
あと若干雰囲気に呑まれていた(笑)為、メニュー名はうろ覚えです。重ね重ねご勘弁を<(_ _)>


では、アミューズから。
DSCN1105.jpg
オリーブのパンケーキ。のような気が。
香りが爽やか。食欲がそそられて、少し料理に集中してきました。

パンがサーブされました。
DSCN1107.jpg
おもしろい形ですが、めちゃくちゃ旨い。
他に4種類くらいありました。どのパンももれなく旨かった。


続いて、前菜です。
DSCN1108.jpg
フォアグラとメレンゲのコントラスト。
この料理はこちらのスペシャリテだそうで、「初めてならまずこれを」とご一緒した方々に薦めていただきました。
濃厚なフォアグラと甘く香ばしいメレンゲを一緒に口に入れると体験したことがないおいしさ。
過去に食べたことのあるフォアグラとは全く違いました。でも言葉にできない。。。
フォアグラの獣っぽさというかがメレンゲの香りで良さになっているといいますか。
すんごい旨いです。すごい。


お待ちかねのメインディッシュ。
DSCN1110.jpg
美ら豚のロースト。ビーツと紫キャベツが一緒でした。
まずこの皿のピンク~パープルのグラデーションが素敵すぎる!!

DSCN1111.jpg
皮目がカリッカリに焼きあげられてますよ。肉との間はプルっとしてます。

DSCN1112.jpg
断面のピンクがまた堪りません。
口に運んで噛みしめると、豚肉の芳醇な香りが口いっぱいに広がりまして、
肉の旨味がジュワ~っと。旨くて旨くて震えます。
こんな旨い豚肉あるんだなぁと感動です。
ちなみにこの美ら豚、今回半頭買いしたそう。


こちらのお店のシステムをちゃんと理解していなかったのですが、
メインディッシュは2品?なのか、メインのサブのような形なのか、
もう一皿出てくるようで。こういうのすごくうれしいですね。


と、運ばれてきたのがこちら。
DSCN1115.jpg
美ら豚を使ったソーセージと言っていたのですが。。。

後からこちらが。
DSCN1113.jpg
え~と、畑?ですか。

サービスの方に掘り返していただくと、
DSCN1114.jpg
骨(笑)ソーセージが!!
(骨はサービスの方もご存じなかったようで、びっくりされてました。シェフの遊び心に思わずクスッとなりました。)

ソーセージを土ごと先程のお皿へ。
DSCN1117.jpg

ちょっと角度を変えてみても土まみれのソーセージ。
DSCN1116.jpg
この土、玉ねぎを炒めて作ったものとのことで、食べてみるとおいしい。
このスープというかソースというか(何物かは失念。。。)は、まったりめの味なので、いいアクセントになってます。
そして、このソーセージが旨いんだよなぁ。ああ、旨い。

すごい演出だったなぁ。楽しかった。
料理食べてて、こんなワクワクすることって中々無いです。


そして、最後のデザートへ。
DSCN1118.jpg
オペラと少し発酵させたミルクのアイスクリーム。
アイスクリームはほんのり酸味があって、ヨーグルトにちょっと近い風味。

DSCN1120.jpg
甘めのカプチーノを注いで、オペラは完成。
普通のオペラではなく、サクサクのオペラ。
あのお馴染みのルックスではないんだけど、オペラ。これもおいしかった。


最後の最後にほおずき。
DSCN1121.jpg


いや~、今回は凄まじくおいしかったのはもちろんのこと、すごく楽しかった。
料理の見た目や料理自体をここまで楽しいと思ったことがなかっただけに、新鮮でした。



帰りの際に店頭を撮らせていただきました。
DSCN1122.jpg

店頭の看板ピッカピカです。
店頭はお店の顔ですから、人気店であればそんなに驚くことではないのかもしれませんが、
綺麗過ぎてうっかり触ってしまう客もいるでしょうに。
この時、15時過ぎで我々が最後の組だったのに汚れ1つ無い。
来たときだけでなく、帰りも綺麗。当たり前のようで中々できないことだと思います。

素晴らしいお店って、色んなところに配慮されているんだなと感心しきりでお店を後にしました。
が、その時シェフとサービスの方がお店の外までお見送りしてくださって、
さらに階段降りて見えなくなるまでという徹底ぶり。

あぁ、すげぇ。とまた感心しきりで外苑前へ向かいました。

スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://currytabetottaraeyan.blog.fc2.com/tb.php/94-98389d6e
トラックバック
コメント
なんだか小洒落たお店ですね、私には敷居が高いかもw
料理はとても美味しそうです。変わった感じが好きなのでとても好みですね。
takubo | 2013.10.07 06:39 | 編集
小洒落てるどころの話ではなく、めっちゃ洒落てました!
ゆえに緊張でのどが渇いてしまったのです(笑)
カレー沙汰 | 2013.10.07 17:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。