--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.05
Sat





この日は横浜へ用事があったので、前から気になっていたスープカレーのお店に伺いました。

ラマイ 横浜伊勢佐木モール店 お店のHP

DSCN1248.jpg

看板が示す通り、雑居ビルの7Fへ上がると看板が。

DSCN1247.jpg


さっそく中へ入って、メニューを見てみます。

DSCN1239.jpg
スープカレーはメインの具材で分かれています。
食べたのは別のお店ですが、揚げ出し豆腐は衣がスープを吸っておいしいし、意外とボリュームがありますよ。

DSCN1240.jpg
サピ・プダスというこの店ならではのスープがあるようです。

札幌スープカレーは、トッピングの種類が多いのが特徴ですね。
調理時に一緒に煮込んだりするものは味に変化がついて面白かったりするんですが、
こちらのお店だと、メイン食材プラスやスープを吸っておいしいものが多い印象です。
この中だと「本日のキノコ」は味・香りで変化がついていいかも。
煮込みではありませんが、目玉焼き、チーズはスープの味を劇的にまろやかに変えちゃう系ですね。

あと、スープ大盛り無料は客としては大変うれしいのでしょうが、
おそらく一番手間のかかるはずのスープが大盛り無料というのは、少しあ~↓ってなっちゃいます。


DSCN1241.jpg
辛さの段階がかなり細かいのも札幌スープカレーの特徴でしょうか。
このお店ではパウダー系での辛さUPは無料、フレッシュチリを使った辛さUPは有料のようです。
要はフレッシュチリトッピングができて、量が増えるとお値段UPというシステム。
辛さのランクに名前をつけちゃうのは某○北沢のスープカレー屋のインスパイアですかね(笑)


と、何とか注文をして、待つこと10分強で到着。
DSCN1244.jpg
スープカレー ポーク チョバ(有料辛さUP)。
ご飯は小盛り(150g)。


DSCN1242.jpg
野菜は結構種類が入っています。
ニンジン、茄子、ピーマン、キャベツ、蓮根、インゲン、アスパラガス、かぼちゃ。
うずらの卵も2個入っていて、かなり具沢山。


DSCN1245.jpg
豚角煮もこの大きさのものが、5、6個入っていてボリュームは十分すぎるほど。
スープはオーソドックスなスープカレーの味で、『これはカレーじゃない!!』と激昂することはないと思います。


画像での紹介はしませんでしたが、マンガみたいな量のご飯があったり、
具材のボリューム、スープ大盛り無料などから学生くらいの若い客層を狙ってるのかなと。
であれば、味も奇をてらったものでなく、価格も妥当だなと思います。


もう一つのスープも気になるので、また横浜に来たときにでも試してみようと思います。



スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://currytabetottaraeyan.blog.fc2.com/tb.php/93-5e37da8a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。