--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.26
Mon





隅田川花火大会があったこの日、花火には目もくれず、
こちらのお店で開かれた、とあるイベントに伺った。

華麗なるカレー お店のHP

その「とあるイベント」とは、
これまでこちらのお店のおつまみとして提供された幾多のメニューの中から
選ばれた品々を一度に楽しめる、正におつまみのオールスター戦。

題して、
「おつまみ総選挙」


では、そのおつまみの数々をご覧いただこう。

DSCN0616.jpg
桜海老の薄焼き玉子。
桜海老の香りがほんのり。塩気がいい塩梅。

DSCN0617.jpg
コールスロー。
マスターの作るコールスローはすんごく旨い。
色んな加減が絶妙なのだろう。

DSCN0618.jpg
鶏肩肉の唐揚げ。
レギュラーの唐揚げの衣と少し違った。
もも肉よりも肉がギュッとしていて、旨味が詰まっている。

DSCN0619.jpg
鴨の生ハム。
脂がトロッと溶けてなくなってしまう。もうちょっと口の中にいて欲しかった。旨いから。

DSCN0620.jpg
海老フライ。
見た目で分かる。絶対旨いに決まってる。で、旨い。サクサクプリプリ。頭まで完食。

DSCN0622.jpg
焼き枝豆。
茹でると旨味がお湯の中に出てしまうが、焼けば水分が抜けて、旨味凝縮。香りも良いんだ。

DSCN0621.jpg
鴨のローストがのったサラダ。と、ダミ玉ファルシ。
サラダのドレッシングの味がおいしくて、好みにハマった。
「ファルシ」は詰め物のこと(らしい)。中身はゆで玉子の黄身をおそらく潰して調味したもの。これも旨い。

DSCN0623.jpg
ラム餃子。
羊肉の香り、ジューシーさが素晴らしい。
今後、他の餃子が食べられなくなってしまうんじゃないか、ってくらいの旨さ。

DSCN0626.jpg
春巻き。
オーソドックスだけど、こういうのが嬉しい。
熱いうちが一番旨いのでハフハフしながら食べるも、口内がべローンとなる(笑)でもそれがいい。

DSCN0627.jpg
しらすの沖漬け。
これは反則的に旨い。本当に沖で漬けられたものだとか。名前に偽りなし。

DSCN0631.jpg
カツオの酒盗とクリームチーズ。
これも反則なやつ。しらすの沖漬けとの累積により、次節は出場停止になりそうな旨さ。

DSCN0628.jpg
四色薬味の冷奴。
薬味ってやつは、いい仕事をする。こっそりかかっているゴマ油がさらにいい仕事をする。

DSCN0629.jpg
ハムカツ。
オーソドックスだけど、口の中はやけどしない。安心設計の旨いヤツ。
最近、レギュラー勢を凌ぐ人気者。のような気がする。

DSCN0632.jpg
ラムチョップ。
このヴィジュアル。絶対に旨い。肉トゥルットゥルで脂の香りも最高。骨までしゃぶりつかざるを得ない。

DSCN0637.jpg
おいしいご飯とアゴ出汁を使った江戸前アサリの味噌汁。
日本人でよかった。

DSCN0638.jpg
ごちそうさまでした。



ここにいた誰しもが「選挙」ということを忘れるほど。
そもそもここにラインナップされてる時点で当選だよな~。
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://currytabetottaraeyan.blog.fc2.com/tb.php/57-99a3971e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。