--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07.17
Wed





常連


という単語を目にした時、どんな印象を持つでしょうか?

「普通の客とは違うサービスされるんじゃないの?」
「一見さんが入りにくい。」
「何にも言わなくても料理が出てくるんだろうなぁ。」
等々。

これらは印象はあながち間違っているとは言えません。
実際、私が日頃よく入り浸っている某チェーン系コーヒー屋なんかですと、
店員さんとアイコンタクトするだけで、商品が提供されるなんてこともザラだったりします。

ですが、そこはお客さんとお店側の信頼関係が成り立っているからこそであって、
それをその日ポッと行って、同じサービスを受けようというのは、無理という話です。
お店側もそのお客さんがどんな方か分からなければ、サービスしようがありませんからね。


。。
。。。

閑話休題。


で、今回連れて行っていただいたのは、
築地で美味しい穴子を食べさせてくる有名店「つきじ芳野」がオープンした新店でございます。

つきじ芳野 吉弥 食べログのページ

例によって例の如く、店頭写真はありません。。。orz すみません。。。


今回は、つきじ芳野の常連さんに幹事をしていただいての食事会。
幹事さんがお店にお願いして特別にご用意していただいたコースと聞けば、期待はいやが上にも高まります!


まずは、小鉢から。
DSCN0343.jpg
自家製ツナのサラダ風。
「自家製」のツナだそうで、普段食べているツナとは段違いの旨さ。
写真がブレているのは、お仕事上がり直前に厄介な出来事が舞い降りてしまい、それをやり過ごして、
全力でこちらに辿りついた直後だからなんです。。。orz 言い訳ですね。。。重ね重ね、すみません。。。


さぁ、旨いものを食べて、息も整ってきたところでお刺身が登場です。
DSCN0344.jpg
すんごく綺麗です。各自に寄ってみましょう。

DSCN0345.jpg
左がイワシ、右がカツオ。
イワシは今が旬だということで、脂がのってて最高!盛り付けもカワイイです。
カツオは身がピンッと立ってます。口に運ぶとむっちりした食感と旨味が。すげ~。

お隣は白身ゾーン。
DSCN0346.jpg
左がヒラメ、手前がコチ、右がイサキ。
3種類の白身を食べ比べたわけですが、それぞれ食感、味、香り全く違っていて、とっても楽しい!
どれもおいしくて、永遠に噛み続けていたい。そんな気持ちにさせられてしまう魅惑のゾーンでした。

お次は串もの。
DSCN0348.jpg
穴子と茄子の鳴門焼き。
私の写真では非常に分かりにくいですが、穴子と薄切りの茄子を巻いて串を打っているのです。
口に入れて噛みしめると、穴子の身の食感と茄子のしゃきっとした食感のコントラストが面白い。
茄子の香りもフワッとして、おいしいんです。七味と山椒をつけると異なった風味が加わってよし。

続いて、天麩羅の盛り合わせ~。
DSCN0350.jpg
手前左から、穴子、ピーマン、茄子、ニンジン。
穴子うめ~!!
そんなに穴子の天麩羅を食べた経験はありませんが、これが相当別格なものだってのは流石に分かります!!
何がどうとかでなくて、とにかく旨い。旨い。旨い。
3回言ってみました。旨いんで。

で、他にも思わぬ食材がいまして。横から。
DSCN0354.jpg
左から鯛、ヒラメ、シャコ。
鯛は旨味がギュッと詰まってて、すっごく濃厚。これも白身なんだよな~。
ヒラメは天麩羅にするとフワッとした食感がすごく良い。で、旨味もありますよ。
シャコがね。とんでもないヤツですよ。シャコ。旨味・香りが強烈で頭ボ~っとしちゃいました。旨すぎ。

ここらで小休止??のサラダ。
DSCN0359.jpg
穴子のサラダ。
なんですが、サラダの穴子ってくらい穴子が大量(笑)
穴子の合間に水菜やパプリカのシャキシャキした食感を感じる、そんな穴子。じゃなくてサラダ。

となると小休止の大本命。茶碗蒸し。
DSCN0360.jpg
穴子の茶碗蒸し。
出汁も穴子の骨からとったそう。
だから、卵、穴子しか使ってないことになります。シンプル。
ホッとする旨さです。

DSCN0361.jpg
せっかくなんで、ふるふるさせてみました。
穴子の焼き物の切り身がのってますよ。ホント穴子づくし。

さぁ、〆のご飯ものです。
DSCN0365.jpg
会天ばかし。
「ばかし」というのは、鰻の蒲焼を模して「化かし」だったような。うろ覚えですm(_ _)m
という予備知識が吹っ飛んだのは、コイツが旨すぎたから!
先程の天麩羅盛り合わせとは、料理が違うので揚げ方を変えてるんだそうです。抜かりなしです。

改めて見て、このコンビネーションは壮観ですね。
穴子の2大調理を1度で楽しめてしまうという。このメニューは単品で注文できますので、ぜひ。

最後は、〆にアイスをいただいて、本日はお開き。


。。
。。。


穴子以外の魚もおいしかったのですが、それより何より、
穴子って、こんなに旨かったのかと痛切に思い知らされた日でした。
加えて、お店の方のホスピタリティ溢れるサービスにも心癒されました。
お店の方々の接客が素晴らしいのもありますが、
常連である幹事さんの人柄と、普段如何にお店を大切にし、よいお付き合いをされているのかが分かります。

幹事のCさん、ご一緒した友人の皆さま、お店の方々、ありがとうございました。

スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://currytabetottaraeyan.blog.fc2.com/tb.php/37-4286696a
トラックバック
コメント
こんばんは。ご一緒していただいて、ありがとうございました。
芳野さんのあなご、気に入っていただけてうれしいです。
なかなかいいお店だったでしょ?
日曜昼にやってたり、夜もお食事だけで使えるなど、
いろいろな使い方ができるお店だと思いますので、
近いうち、また行きましょう!
C | 2013.07.18 00:41 | 編集
>Cさん

> 芳野さんのあなご、気に入っていただけてうれしいです。
> なかなかいいお店だったでしょ?

非常に美味しかったです!!
また、ご一緒してくださいm(_ _)m
カレー沙汰 | 2013.07.19 20:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。