--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.18
Sun





夕食に狙っていたお店がまさかの臨時休業。で、おまけに外は吹雪。
近隣で何かおいしいものが食べられないか調べたところ、生ラムが食べられるジンギスカン屋を発見。

ラムハウス・ケレレ 食べログのページ

悪天候の為、店頭の写真はありません。


お店に入ってメニューに目を通すと。。。
DSCN3979.jpg

DSCN3980.jpg

DSCN3982.jpg
そこかしこに生ラムの文字。


何品か注文すると、
DSCN3981.jpg
運ばれてきたジンギスカンのつけダレは、スパイス・ハーブの入った塩ダレ。


DSCN3983.jpg
黒ビール好きなんです。
暖かい店内でキンキンのジョッキ、いいですね。


DSCN3986.jpg
突き出しは、ラムハンバーグ一口分。
照り焼き風のタレがかかってました。
程良い羊の香りがよく、これから出てくるものにも期待ができるおいしさ。


DSCN3987.jpg
あらかじめ調理されている野菜がのったジンギスカン鍋が運ばれてきました。


DSCN3991.jpg
生ラム肉。
嫌な臭みが無くて、肉質も上々。おいしかった!


DSCN3994.jpg
ラム刺身。
脂身は皆無。ユッケという手もあるんじゃないかな。これもおいしかった!


DSCN3997.jpg
ラム胸腺肉。
仔牛だとリー・ド・ヴォー、仔羊だとリー・ダニョーというらしいです。
クニュクニュした食感と甘味が特徴でしょうか。正肉とは違ったおいしさ。


DSCN3992.jpg
羊の香りに包まれました。


他にも特上ラム肩ロースも注文したのですが、酔っぱらって写真を撮り忘れました。
生ラム肉の方が断然おいしいと感じた記憶はしっかり残っています。
ビール園とかのジンギスカンもいいですが、こちらのお店もおすすめです。


スポンサーサイト

comment 1 trackback 0
トラックバックURL
http://currytabetottaraeyan.blog.fc2.com/tb.php/194-a060db0d
トラックバック
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| 2015.11.27 22:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。