--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.16
Sun





前回のあらすじ】
小田急相模原駅徒歩15分弱の焼肉屋「はせ川」に向かった一行は、激安激旨焼肉を次々と胃入。
追撃してくる野菜にも戦士達の箸を止めることはできない。
そしてテーブルには次なる追手が運ばれようとしていた。。。


。。
。。。


はい。という訳で炭水化物。まずはカレーから。
DSCN2668.jpg
チキンカレー。


DSCN2671.jpg
カレー本体。
ご飯への2点同時攻撃以外ではダメージが通らないかもなので注意。
いわゆる欧風カレーではなく、インド料理に近いもので、普通のカレー屋では太刀打ちできない味でした。


DSCN2669.jpg
パロタが載ったご飯は白飯、フレーバーライス2種。米はジャスミンライス。
フレーバーライスが特に旨い。相当ハイレベル。
スパイスがビシッと効いてて、控え目な味付けが絶妙。
このご飯単品でも素晴らしい1品ですね。


お次は、最初にメニューを見たときから興味を惹かれていたものを。
そのお品書きの一部始終をご覧ください。
DSCN2679.jpg
真空しゃぶしゃぶすき焼き地 大吟醸麺。
必殺技のような名前。

DSCN2680.jpg
小麦の芯に近い部分だけで作った小麦粉を使うので、大吟醸麺。とのこと。


DSCN2681.jpg
使われている食材も錚々たる面子。
茹でる前の麺が250g。。。


DSCN2682.jpg
で、900円って(笑)。


運ばれてきたのがこちら。
DSCN2689.jpg
真空しゃぶしゃぶすき焼き地 大吟醸麺。
ですが、これだけだとただの大吟醸麺。


DSCN2691.jpg
真空しゃぶしゃぶすき焼き地は別添えでした。


DSCN2693.jpg
オン。

お味の方はと申しますと、かなり旨いです。
大吟醸麺はツルツルモチモチの太麺で、小麦の香りと甘味がしっかりと感じられます。
そしてスープ。骨から取った出汁の味よりも、肉から取った出汁の旨味が断然強いもので、
普通のラーメンスープとしては強すぎるかもしれませんが、合わせる麺が前述の大吟醸麺ですから
このくらい強烈なスープでないとバランスが取れないのかもしれません。
事実、麺とスープを一緒に食べると非常においしいのですから。
イベリコチャーシュー、半熟玉子、メンマ、ナルトと具材も味・ルックス共に抜かり無し!


まだまだ、いきます。
DSCN2683.jpg
大人のオムライス。
玉子はたんぽぽオムライス風。
その下には穴子が1本(笑)
ご飯は穴子の甘いタレで和えてあります。


DSCN2686.jpg
効果音(?)的なものは各自皆さまの想像力におまかせいたします。
玉子トロトロ穴子フワフワでおいしくいただきました。


と、そろそろデザートを。
DSCN2696.jpg
いちごサンド。
女将さんが「いっぱい頼んでくれたからおまけしといたよ」と真ん中のアイス。


DSCN2699.jpg
チーズケーキ。
という表記でしたが、運ばれてきた皿は、チーズ盛り合わせの様相。
皿の左にいるフロマージュというケーキ、味は塩気の効いたチーズそのもの。
口当たりはフロマージュと呼ばれるケーキの濃厚なやつのそれです。
この後も数品甘いものを頼んでいたので、この塩気がいいアクセントになりました。


DSCN2702.jpg
昭和のモンブラン。
洋酒の香りが立ってます。
どの辺が昭和なのか、私はわかっておりません(笑)


DSCN2707.jpg
自分でティラミス。
左の小鉢から、コーヒーアイス、マスカルポーネクリーム、エスプレッソ、ココアパウダー。
真ん中の皿のスポンジに自分で載せて完成させるのです。


DSCN2709.jpg
スプーンで支えていますが、自重に耐えらず倒壊寸前です(笑)
何とか左手でシャッターを切りました。


DSCN2712.jpg
ダッサイケーキでババオラム。
ラムの効いたアイスにドライフルーツ、しっとりしたケーキが皿に。
画像右上に見えているのがババオラムの瓶。
中にはシナモンなどのスパイスがホールでたっぷり入っております。
(画像では全くわかりませんが。。。)
「すきなだけ掛けてください」と女将さん。
突っ込みどころが多すぎて、突っ込むのやめました(笑)
デザートの中で一番好きな味でした!


DSCN2713.jpg
フルーツとアイスの盛り合わせ。
ちょっと待って、何すかこれ(笑)


DSCN2715.jpg
フルーツサイド。
てんこ盛りという表現を適切に使える状況だと思います。



ここでフィニッシュ。
前・後編で紹介したメニューを6人で全ていただき、各自お酒も飲みながらで1人4000円強。
注文内容だけ見ればもの凄い安いのですが、こちらでの平均予算は大体2000円強だそうなので、
普通はこんなに食べないようです。。。

ボリュームが凄いのはもちろん、味が抜群に良くレパートリーが多いのが印象深いお店でした。
焼肉以外のカレーやラーメンがここまで旨いとは思いませんでした。
帰る間際に「焼肉屋のサイドメニューのカレーのご飯がここまで凝っているのは?」とお尋ねしたところ、
「普通のご飯出してもつまらないでしょ。こっちの方がおいしいから。」みたいなお答え。
それでもあそこまではなかなかできないですよ。感服です。

記事に興味を持たれて、こちらに行こうと思われた方に1点注意が。
食べ残しの持ち帰りは一切できませんので、あしからず。
色々食べたいのであれば、同行者に強靭(狂人)な胃袋を持った方を複数名連れていくことをオススメいたします。



そうそう、この集まりは忘年会だったのですが、忘れられない1日になりました。

スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://currytabetottaraeyan.blog.fc2.com/tb.php/161-dd24961d
トラックバック
コメント
まさか前編・後編の2部作になるなんて!
ほんとなぜこれを6人で完食できたのかいまもなおわからない。
そして持ち帰りNGを今初めて知った(笑)
ヨシオ | 2014.02.18 11:28 | 編集
前・後編に分けたのは、量が異常だったの(笑)と炭水化物ら辺で区切りが良かったからです。
こうしてみると本当に凄まじい量ですね~(-_-;)
カレー沙汰 | 2014.02.18 13:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。