--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.18
Tue





やっとクリスマス当日です。
ということでクリスマスディナーをいただきに参りました。
熾烈な予約争奪戦を制してくれた友人に感謝<(_ _)>

スパイスカフェ お店のHP

DSCN2791.jpg

DSCN2793.jpg
素敵。

DSCN2795.jpg
テーブルにはメニューが。

DSCN2794.jpg
ワイン類は黒板から。

DSCN2796.jpg
スパークリングワインの赤にしました。


さぁ、アミューズ。
DSCN2800.jpg
生ハムのペーストのカナッペ。

DSCN2801.jpg
キノコのペーストのカナッペ。

スパイスやハーブの香りが食材の香りを引き立てています。
スパイス料理気分が盛り上がってきました。


コースが始まる前に。
DSCN2803.jpg
自家製クルミパン。
ふわふわ。

前菜は盛り合わせで。
DSCN2805.jpg
色鮮やかであります。

DSCN2806.jpg
ゴアラムコロッケ。
ゴア・ラム・コロッケと言われれば、ピンとくるでしょうか。
コロッケの中にきっちり詰め込まれてます。

DSCN2808.jpg
チェリートマトのマリネ。
3色のトマトがかわいいです。
トマトが凝縮している感じ。単純なマリネじゃない。

DSCN2810.jpg
山羊パニール。
実は山羊の香り苦手なのですが、これは大丈夫でした。
普通のパニールのような弾力はなく、ムースみたいな食感。
タマリンドのようなソースもおいしい。

DSCN2812.jpg
カラスミ大根キヌアのサラダ。
ハーブだけでなく野菜各々の香りも活きてて、食感もおもしろい。


DSCN2814.jpg
茄子とズワイガニのミルフィーユ。
ペーストとスライス2種の茄子、ペーストにはズワイガニが混ぜられていました。
その隣には、和牛カルパッチョ。
モルジブフィッシュのソースで。牛肉との取り合わせが新鮮です。


続いて、温菜。
DSCN2815.jpg
魚介と根菜の温かいサラダ 岩塩とスパイスの挽きたての香り。
華やかなのに、根菜・温かいという要素がほっこり感もあって不思議な雰囲気。

DSCN2821.jpg
スタッフの方が、岩塩とおろし金、大きなスパイスミルを持ってテーブルをまわってくれて完成。
スパイスは、ディルシード、コリアンダーシード、ブラックペッパー、フェンネルシード。
魚介の弾力のある食感と根菜のざっくりほこほこした食感の対比が楽しく、出汁がじんわりおいしい。
粒度の違うスパイスを噛む度に香りが口いっぱいに広がります。好きだな~。
作った方の意図とは違うかもしれませんが、スープカレーの1つの形だと思います。


ここからカレーが2品。先にご飯が運ばれました。
DSCN2824.jpg
トマトライス。

DSCN2827.jpg
スパイスと炒めてある菜の花。苦味がいい。

DSCN2830.jpg
金目鯛とマスタードのカレー。

DSCN2831.jpg
皮目パリパリ。身はしっとり。丁度良い火入れでした。
脂が強めの食材とマスタードの相性はやはり良いですね。



お次のカレーもご飯から。
DSCN2835.jpg
レモンライス。

DSCN2836.jpg
油で炒めたキャベツの香ばしさよ。愛しいぜ。

DSCN2837.jpg
シメジ・エリンギ・舞茸のソテー。こちらも油と合いますね。

DSCN2840.jpg
ポークと国産サフランのカレー。

DSCN2842.jpg
かなりレアな火入れ。もう少し火が入ってるのが好みです。
カレー自体はサフランの香りの他に、鰹節(モルジブフィッシュ?)の香りがかなり強め。
このお店の牡蠣カレーを彷彿するような味。
ポークに合わせているからか、甘味酸味様々な味がスッキリ纏まっていて食べやすいですね。


ここからデザート。
DSCN2843.jpg
ほうじ茶のブランマンジェ。
今にも溶けてなくなりそうな、儚げなルックス。
てっぺんに茶柱が立ってて、そこもまた儚げ。
フワッと香るほうじ茶の香りが単調になりがちな味に一本筋を通してます。
それにしてもここのデザートはいつもおいしくて、通常営業時のケーキもおいしいのです。

次はクリスマスケーキ。
DSCN2846.jpg
苺のショートケーキ。
4人分なので、まずはホールで撮影会から(笑)

DSCN2849.jpg
切り分けていただいた図。
ツリー型のパイが各々の皿に。
これならケンカになりませんね(笑)

DSCN2850.jpg
クリームの甘さ、苺の酸味、スポンジの塩梅、どれも丁度良くてすごくおいしかった!
クリスマスに食べる苺のショートケーキは格別のものがあります。


今回初めてこちらのクリスマスディナーをいただきましたが、
入口から料理、お店の雰囲気など総合的なレベルがカレーを出すお店の中では突出しているなと思いました。
特別な日に特別な時間を過ごし、特別な気分に浸れる空間を演出できるお店はここを置いて他にはないでしょう。
(あくまで、カレーを扱うお店という意味です。)
こういうお店があることで、カレーというジャンル自体が日常食から1つ上のレベルで意識される契機になりますし、
ハレの日的な料理の中から日常のカレーに還元されて、おいしいカレーを食べる機会が増えればいいなと思っています。


帰り道。
DSCN2851.jpg
クリスマス仕様のスカイツリー。緑が欲しかった!
ちょっと不気味。ドラキュラっぽい。


スポンサーサイト

comment 4 trackback 0
トラックバックURL
http://currytabetottaraeyan.blog.fc2.com/tb.php/147-4c6bfa28
トラックバック
コメント
相変わらずとてもセンスの良いお店に行かれますね!
押上なら是非行ってみたいです
takubo | 2014.02.18 23:01 | 編集
押上はカレーのアキンボさんもあるので、連食もいいですよ~♪
カレー沙汰 | 2014.02.19 13:24 | 編集
お店の外観の写真きれー。レタッチしてるの?
ヨシオ | 2014.02.19 23:24 | 編集
NOレタッチですよ~。
外観を何枚か撮ったら、たまたまいい感じなりました!
カレー沙汰 | 2014.02.20 00:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。