--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.05
Wed





未だに当ブログはクリスマス少し前辺りをうろうろしております。
という訳で、この日はフレンチを食べに幕張本郷まで。

Cinq au pied サンク・オ・ピエ お店のHP

前回は秋のコースの時に伺って以来ですが、本当はもう少し頻繁に来れたらなぁ~。
という願望は一旦置いておいて、さっそくプレクリスマスコースをいただきましょう!


。。
。。。


まずは1品目の前菜を。
DSCN2583.jpg
フランスランド産鴨のフォアグラのテリーヌ、リンゴのコンポート添え、バルサメーラソース。
バルサメーラというのは、リンゴのバルサミコだそう。

DSCN2584.jpg
1切れがテリーヌ型のちょうど半分。それが4切れですからこれだけで相当なボリュームです。
写真では丁度隠れていますが、テリーヌの尻に敷かれているリンゴのコンポート。
一緒に口に入れますと、それはもうあれですよ。甘味とフォアグラってホントに合いますよね。旨いです。

DSCN2585.jpg
野菜も瑞々しくて、しっかりとした味わい。


続いて、2品目の魚介料理。
DSCN2588.jpg
オマール海老テールのローストと本日の白身魚のポワレ オマール海老の濃厚ビスク仕立て。
ビスクの香りがもの凄くいい香りで、思わずスーーーハーーーッてしちゃいそうになるくらい。
濃厚と謳うだけあり、海老からでるエキスを一滴も残さず抽出したような、
それでいて全くくどくないのでスプーンが止まりません(笑)

DSCN2590.jpg
写真暗いですが、海老の身もブリッとしていておいしかった!

DSCN2596.jpg
そしてこの鯛。
皮目パリパリで身はしっとり。絶妙の火入れ。
海老とは違った風味でまたスプーン止まらず。また食べたいなぁ。。。


うっかりして、
DSCN2597.jpg
赤いワインなんて飲んだり。

余談ですが、私はお酒は弱くて、特に醸造酒はダメなはずだったんですが、おいしいのは飲めることが判明。
これは2013年の収穫です。酒飲みの皆さまのお力添えのお陰。ありがとうございました<(_ _)>
実際は、酸化防止剤が身体に合うかどうかの問題で、後は体調と次の日の予定次第です。


さて、3品目は肉料理です。
DSCN2598.jpg
ハンガリーの国宝!マンガリッツァ豚の背肉のロースト、
セープ茸(ポルチーニ)のソテーとフォアグラのソテー添え、キノコのデュクセルソース、トリュフ風味。

DSCN2600.jpg
このソース、大量の炒めキノコを使用しております。
よって、超濃厚なキノコの風味が口の中で爆発します!
肉の火入れもジャスト!!

DSCN2603.jpg
野菜も甘味が十分に引き出されていますよ。

DSCN2606.jpg
こちらにもフォアグラ様が。
ソテーは外カリ内トロで完璧。
下に敷かれているのは、ポルチーニ。こちらも香りよくジューシー。


ラストのデザート。
DSCN2609.jpg
わ~っヽ(^o^)丿

DSCN2616.jpg
ヴァローナ・グランクリュ・ショコラ"カライブ"のマルキーズ仕立て。
めっちゃくちゃ濃厚。おぉぉぉって、唸っちゃう。

DSCN2619.jpg
コアントローのアイスクリーム。
サッと香るオレンジが爽やか。これかなり好きです。

DSCN2612.jpg
イチゴのタルティーヌ、シェフ風クリーム。
普通のイチゴタルトのような重さがなくて、ミルフィーユ的なさっくりした軽さで旨し。


DSCN2620.jpg
さかもとこーひープレクリスマススペシャル。
このコースのデザートの為にブレンドされた特別仕様。
デザートの後に一口すすると、あっという間にデザートと一体になって全く邪魔しない味。ステルスだ。



今回も素晴らしかった。
また絶対来る!!

スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://currytabetottaraeyan.blog.fc2.com/tb.php/145-9ffe509d
トラックバック
コメント
ほんと美味しかったよね。
今年は何回いけるかわからんけどたのしみー。
ヨシオ | 2014.02.11 19:40 | 編集
頻繁には伺えませんが、季節の折りに伺いたいですね~
カレー沙汰 | 2014.02.12 09:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。