--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.18
Wed





長年の宿題店にやっと伺えました。

カッチャルバッチャル 食べログのページ

DSCN1985.jpg


こちらのお店は、カレー屋巡りを始めた頃から気にはなっていたものの
1人でふらっと入るのではなく、複数人で飲み食いするところだなという印象でなかなか足を運べずじまい。

そんな折にラヴインディアというカレーイベントで
このお店の店主さんが担当されたカレーがとても旨かったという話で盛り上がり、
店主さんと面識のある友人が「やってくれるか聞いてみるよ」と名乗りを挙げてくれる
という様々なご縁によって、念願のお店に伺うことができ、かつあのカレーに再び出会えたのです。

さて、こちらのお店はカレーがおいしいのはもちろんのこと、
タンドールの焼き物にも定評があって、押さえておきたいメニューがあれこれあるのですが、
そちらの目玉も事前に予約してくださっているそうで。本当にありがとうございました<(_ _)>


。。
。。。

というわけで、おつまみから。
DSCN1958.jpg
砂肝のコンフィ。
シャッキリとした砂肝の歯応えとコンフィならではのしっとりとした食感が共存するようないい塩梅。

DSCN1960.jpg
タコとひよこ豆のサラダ。
ドレッシングがタコとひよこ豆にも合ってておいしかった。箸休めにぴったり。
とか言っておいて、出てきて一瞬で無くなってました(笑)

DSCN1962.jpg
鰤のタンドール。
コイツはすげぇよぉ~!
火入れの絶妙な加減とか調味の塩梅とか色々凄いんだけど、噛んだときの脂ジュワっとがたまらん~。
やっぱり焼き魚は日本人の心を捉えて離さないぃぃっっ!!


DSCN1966.jpg
仔羊のシークカバブ。
肉がちょい粗めに挽かれていて、その食感とスパイスの効き具合と絶妙な焼き加減。
1人で1本食べたいな、これ。

事前に予約してくださった焼き物の目玉がこちら。
DSCN1964.jpg
ラムチョップのタンドール。
これ旨いよ~!!
肉々しさと荒々しい羊の香り、何かしらのマリネされたであろう味付けがいいですわ~。
あと炭の香りもほんのりして、それもまた食欲をそそるなぁ。
ミントチャトニをつけるとその爽やかな香りと酸味がさらに加速させるんだよ。
あっという間になくなって、骨まできれいにいただきました。


ここからはカレーです。
いきなりトップバッターから事前に予約していただいたあのカレーが!
DSCN1968.jpg
枝豆のカレー。
見た目の色で想像できるのですが、実際口にしてみると枝豆の香り・味がもの凄い濃厚。
しっかり形のある枝豆も入っていて、ほっこり優しい味わいでずーっと啜っていたくなります。
枝豆のポタージュみたいなのかというと、そうではないのだけれど、どう説明してよいやら。
完全にお手上げですorz ごめんなさい<(_ _)>
でも、このカレー凄く旨かった!!

DSCN1970.jpg
荒挽きポークと玉子のカレー。
これはもう酒飲みの為のカレー!
ご飯にも当然合うのですが、これと酒をチビチビやるのがいいんですよね。
崩したゆで玉子のプリッとした白身とカレーと混ざりコクを出してる黄身。いい仕事してます。
肉だけではこういう味にならないんだろうなぁと感心してしまいました。

DSCN1973.jpg
白い牡蠣のカレー。
こちらはクリーミーなグレービーに牡蠣の旨味と香りが溶け込んでて旨い。
牡蠣のクラムチャウダーを彷彿させる寒い時期にピッタリな味でした。
他のカレーとは趣向の違うスパイスの香りがこちらのカレーを特別な感じにしていたのかな。
(何のスパイスなのかわかりませんw)

DSCN1974.jpg
チキンアッチャーリーカレー。
サラッとしたスープ状のカレーで、これもめちゃくちゃ旨い!!
今回注文したカレーの中では一番ご飯に合う味で、スパイスも効いてて鶏肉のおいしさも活きててすごくいい。
どういう作り方なのかとか全く想像付かないけれど、サンサールのダルバートで似たようなカレーを食べたようなそうでないような。。。
これももう一回食べたいなぁ。


今日のカレーたちの集合写真。
DSCN1979.jpg
完璧な画だ。。。
奥にこっそり写っているナンはカブリナン。
こいつも旨かった~。

取り皿にて。
DSCN1982.jpg
これで見ると枝豆が結構ゴロゴロ入ってたのが分かりますね。


〆はこいつで。
DSCN1983.jpg
チャイ。
最後にコイツが来ると落ち着きます。


おいしい料理を囲むと話も弾んで、否が応にも盛り上がってしまいます。
大体が食べ物の話なんですが、話が尽きず、あっという間に時間が過ぎていきますね。

DSCN1955.jpg
と、まぁワイワイしながら、舞台を路地裏のとあるお店に移したのです。
スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://currytabetottaraeyan.blog.fc2.com/tb.php/126-bbd709a8
トラックバック
コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
履歴書の書き方の見本 | 2013.12.23 10:32 | 編集
ありがとうございます。
不定期更新ですが、よろしくお願いします。
カレー沙汰 | 2013.12.23 11:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。