--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.10
Sun





寒くなってきました。ジビエの季節ですね。

 食べログのページ

DSCN1701.jpg

ジビエを焼肉で楽しめるいい感じのお店です。

とりあえず飲み物から。
DSCN1472.jpg
赤ブドウサワー。
肉に合いそうな色です。

DSCN1473.jpg
山ワサビ。
ホースラディッシュですね。
北海道では、ご飯にのせて醤油かけて食べたりします。

DSCN1474.jpg
キャベツの漬物かな。
酸っぱくていい箸休め。

DSCN1477.jpg
こんな感じの七厘で焼きます。

お肉はその日の仕入れによって、品揃え・価格が違います。
行ってみてのお楽しみ。
この日は、鹿・山鯨(猪)・雉・猪豚でした。
そんな中から選んだのはこちら。
DSCN1475.jpg
鹿ロース塩胡椒で。
いきなりですが、これがこの日一番旨かった。
鹿肉は固いってイメージしかなかったのですが、これは違ってました。
肉の旨味と脂の甘味が一体になってて、とにかく旨かった!
リストにあったら是非の一品です。

DSCN1476.jpg
山鯨ハラミ醤油で。
こちらは歯ごたえ十分でいくらでも噛めそうなほど。
で、噛めば噛むほど肉の味が出てきます。ほんのり醤油がまたいい。

DSCN1479.jpg
雉胸肉塩胡椒で。
味は鶏肉同様クセがないんですが、いつも食べてる鶏肉よりも旨味が強いです。

DSCN1480.jpg
鹿ヒレ塩胡椒で。
これはすんごく柔らかくて、でも肉の味はしっかり。

DSCN1482.jpg
猪豚ハツ塩胡椒で。
プリプリで少し血の味がして、肉喰ってる感は一番。


お店に入った時は結構空いていたのですが、しばらくするとたちまち満席に。
2人で接客・調理していて忙しいとしばらく待たされたりしますが、
対応がいい感じなので、待たされても苦になりません。ああいうの大事だなと。


なので、実は後日また行ったのですが、それは別のお話。

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://currytabetottaraeyan.blog.fc2.com/tb.php/115-f43a954c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。