--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.23
Sat





前回ご一緒させていただいた時に「次回も…」と誘っていただき2回目の来店です。

フロリレージュ お店のHP

DSCN1734.jpg
ピカピカですね。

DSCN1736.jpg
今回はメニューちゃんと撮りました。
明らかにフォントがおかしいことになってます(笑)
見た瞬間にオススメが判りますから、ありがたいです。

アミューズから。
DSCN1737.jpg
オリーブ香りが豊かなフレンチトースト。
前回はパンケーキって書いましたが、今回食べてそう感じました。おいしい。


続いて前菜。
DSCN1739.jpg
薄切りのズッキーニが綺麗。
右上に見えるのは本ししゃもの頭とキモは香ばしさと苦味がおいしい。

くるっと皿を反転。
DSCN1743.jpg
身と骨をカリッとフリットにしたものが。

ズッキーニをめくってみます。
DSCN1747.jpg
DSCN1746.jpg
身のフリットの中に詰めてあるのは、多分キモと何かのペースト。
頭と一緒にいたものかはわからないのですが、すんごく旨い。
で、コンソメのようなスープと合わさってたまらんのです。

料理の説明では、
「本ししゃものフリットに季節の野菜を添えて、スープ仕立てにしております。」
とのことでした。


次はメインディッシュ。
DSCN1748.jpg
仏産山鶉のロースト。
左のペースト状のソースは、玉ねぎとスパイス。
これはカレーだ!!すっげー旨い。

DSCN1749.jpg
みっちりしたもも肉。
旨味がギュッとしてます。

DSCN1750.jpg
このそぼろ状のものはワインのソース。それが胸肉に。
しっとりした肉と合うのよ。これが。

山鶉の火の入り加減がビタッと決まってて旨いんだけれど、
それ以上にあのスパイシーなソースが!!!!
あれはカレー好きなら絶対唸っちゃうヤツですよ~。
こういうお店でカレー的な味に出合えて、感動できるとは。
人生どこでどんな出会いがあるかわからないものでおもしろい。


で、その後にはリゾット。
DSCN1751.jpg
鶉の出汁の旨味がこれまた凝縮されてます。

DSCN1752.jpg
これもすっごく旨い。
口に入れる度に旨くて、思わずため息が出ますよ。はぁ~。

DSCN1755.jpg
鶉の頭です。
のってるネギを除けると脳味噌がいたのですが、ちょっとグロいので画像は自粛を(笑)
トロトロでおいしかった。


早いもので最後のデザート。
DSCN1756.jpg

DSCN1757.jpg
この発酵乳のアイスクリーム。
前回もいただきましたが、ほんのり酸味が絶妙です。
そしてブラックペッパーがまたいい仕事してる!

DSCN1759.jpg
フォンダンショコラ!!
口に入れると鼻息がムハーってなります。旨い旨い旨い~。
で、さっきのアイスと一緒に食べるとまたまたいい。
酸味とブラックペッパーとコイツの組み合わせ最高!


DSCN1762.jpg
カプチーノ。
ほっとします~。

DSCN1764.jpg
ホオズキ。
見た目もかわいくて、口の中がサッパリします。


今回も前回に勝るとも劣らず、凄くおいしかった!!
毎回こういうクオリティなのかと、世にも素晴らしいお店があるもんだと、えらく感心してしまいました。
東京すごいね。

それに加えて、楽しい会話というのも素敵な食事には欠かせないなぁと。
おいしかったなというのもあるのですが、楽しい思い出なのが何よりうれしいのです。

ありがとうございました<(_ _)>
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://currytabetottaraeyan.blog.fc2.com/tb.php/113-584904a0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。