--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.25
Tue





さて、本日更新分から2014年が始まります。
年始のお休み最終日。お正月セットを食べに伺いました。

カレーのアキンボ お店のHP

DSCN2961.jpg
このセットは1月2日から始まって、当初はチキンカレー一択だったようですが、この日はラムキーマも選べましたよ。


ご飯が先に到着。
DSCN2962.jpg
豆カレーと野菜が一緒。

DSCN2965.jpg
豆カレーは少しもったりとしてて、ゆるめのあんこのよう。
素朴でマイルド。スパイスの香りも穏やか。
適度な塩気がおかずとしての役割を十分に果たしています。


DSCN2967.jpg
野菜は最小限の調味がなされた温野菜。
これまたシンプルながらいいおかずです。


DSCN2969.jpg
チキンカレー。
今回は普段のチキンカレーと異なり、ココナッツミルクが入っておりいつもよりマイルドですが、
その分、スパイシーさが引き立っていた気がします。


先週の土日のランチでも豆カレーが供されていました。
店主さんのツイッターで告知されてたりするので、詳しくはそちらをご覧ください。


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
02.22
Sat





2013年12月15日。
しっかり復習して伺いました。

トイボックス 食べログのページ

DSCN2926.jpg

ちゃんと開店日に伺いましたよ。

DSCN2501.jpg
素敵なお花。

DSCN2504.jpg
何とか1順目に入店できました。

ラーメン到着。
DSCN2506.jpg
会津地鶏の醤油ラーメン。チャーシュー、味玉トッピング。
醤油のキリっとした感じと鶏油の甘さのバランスが良く、非常においしい。
デフォルトで入っている穂先メンマ。柔らかい歯触りがいいです。

DSCN2507.jpg
味付玉子、黄身の火の通り具合が絶妙。
ご飯が欲しい!!


。。
。。。


そして、12月30日は年末最終営業日限定のラーメンを食べに伺いました。
DSCN2925.jpg

DSCN2921.jpg
煮干中華。チャーシュートッピング。
薬味は大根おろし、青ネギ、柚子の皮。
穂先メンマ→拍子木メンマにチェンジ。
適度な歯ごたえと程よい味付けは丁寧な仕事の賜物。

DSCN2924.jpg
煮干の香りと薬味の香りが合わさって、爽やかにいただけます。
動物系の旨味と節系の旨味の相乗効果なのか、レンゲを持つ手が止まりませんでした。


2014年もお世話になることと思います。

comment 0 trackback 0
02.21
Fri





この日も年末の挨拶を兼ねて、伺いました。

カレーのアキンボ お店のHP

DSCN2914.jpg
2013年最後のカレーなのでどれにしようか、かなり迷いました。

DSCN2910.jpg
前菜3種。

DSCN2911.jpg
鯖の揚げ漬け。
単品メニューあればいいのに。

DSCN2912.jpg
海老のオイル漬け。
海老の身がねっとりしてます。

DSCN2913.jpg
ピクルス。

迷いに迷ったカレーは。。。
DSCN2920.jpg
2種~♪
決めきれなかったので、両方注文しました(笑)

DSCN2919.jpg
チキンカレー。
日々研鑽されているようで、毎度お馴染みのメニューもちょっとした変化があって、毎回楽しみですし毎回おいしい!

DSCN2917.jpg
牡蠣のカレー。
ハーフウェットな感じ。
ご飯との絡みも良く、旨いです。このバージョンいいです。


2013年ラストカレー、おいしくいただきました。
が、もう一軒2013年に伺ったご紹介したいお店があります。
次回はそちらを。

comment 0 trackback 0
02.20
Thu





2013年もあと少し。
年の瀬も押し迫ったこの日、年末の挨拶も兼ねて伺いました。

スープカレーカムイ お店のHP

この日はザンギトッピングができるという話だったのですが。。。
(ザンギ:北海道で味付き鶏の唐揚げをこう呼びます。)
DSCN2893.jpg
2013年のラスト2日間の営業ということで、歴代の人気トッピングが総出演!
どれにしようか迷いますね。


。。
。。。

少しの間考えて、こんな布陣にしました。
DSCN2894.jpg
野菜カレー ザンギ、どさんこベーコン、しめじ、キャベツトッピング。
すごいボリューム(笑)


DSCN2895.jpg
しめじは素揚げで香り豊か。
油ブーストで旨味もUP。

DSCN2897.jpg
どさんこベーコンざくざく。

DSCN2898.jpg
ザンギは醤油系の味で、これだけでご飯何杯もいけます。
焦げ目のついたキャベツのパンチ力も侮れず。

DSCN2902.jpg
いつもの野菜も安定のおいしさ。


DSCN2906.jpg
ご飯がすすみます。


2014年もお世話になってます。


comment 0 trackback 0
02.19
Wed





クリスマスの浮ついた空気から年末のそわそわした空気に変わる。
そんな時期にこちらのお店に友人と伺いました。

万事屋 藤吉 食べログのページ

おいしい和食のご飯が食べられるお店ということで、つい足が向いてしまいます。
この日はアラカルトで。

DSCN2866.jpg
江戸野菜の煮物。
煮物という表記ですが、正しくは炊き合わせ。ですが分かりにくいので敢えて「煮物」にしたとはご主人の談。
人参、筍、椎茸、しんとり菜、蓮根。それぞれ異なる味付け。


DSCN2873.jpg
ブリ大根。
おいしいのは見た目で十分分かります。ご飯がすすむ濃い目の味付け。


DSCN2879.jpg
メバルの煮付け。
ブリ大根よりも甘めの味付け。
白身の優しい味がほっこりしますね。


DSCN2882.jpg
おでん。
練り物2つ、こんにゃく、大根、厚揚げ。
鰹節と昆布の出汁がうんまい!!
意外とハッキリした味付けなので、結構おかずな感じ。


DSCN2875.jpg
かき玉の澄まし汁。
これは定食セットの汁もの。
先程のおでんの出汁とは違い、節系を使っていたとしても香りの主張は無い。
一番出汁とかそういうことなのか、量の問題もあるだろうけれど。
で、これまた旨いんですよ~。


DSCN2886.jpg
見よ!この食卓感!!


本当にいいお店です。
また伺います。



。。
。。。

実はスパイスカフェでクリスマスディナーをいただいた後、何か〆が欲しくて、こちらに伺いました。
そこでいただいたのがこちら。
DSCN2856.jpg
すっぽんの雑炊。

DSCN2857.jpg
すっぽんの身。

DSCN2854.jpg
お新香も1つずつ味が違う。

DSCN2858.jpg
ごちそうさまでした。

comment 0 trackback 0
02.18
Tue





やっとクリスマス当日です。
ということでクリスマスディナーをいただきに参りました。
熾烈な予約争奪戦を制してくれた友人に感謝<(_ _)>

スパイスカフェ お店のHP

DSCN2791.jpg

DSCN2793.jpg
素敵。

DSCN2795.jpg
テーブルにはメニューが。

DSCN2794.jpg
ワイン類は黒板から。

DSCN2796.jpg
スパークリングワインの赤にしました。


さぁ、アミューズ。
DSCN2800.jpg
生ハムのペーストのカナッペ。

DSCN2801.jpg
キノコのペーストのカナッペ。

スパイスやハーブの香りが食材の香りを引き立てています。
スパイス料理気分が盛り上がってきました。


コースが始まる前に。
DSCN2803.jpg
自家製クルミパン。
ふわふわ。

前菜は盛り合わせで。
DSCN2805.jpg
色鮮やかであります。

DSCN2806.jpg
ゴアラムコロッケ。
ゴア・ラム・コロッケと言われれば、ピンとくるでしょうか。
コロッケの中にきっちり詰め込まれてます。

DSCN2808.jpg
チェリートマトのマリネ。
3色のトマトがかわいいです。
トマトが凝縮している感じ。単純なマリネじゃない。

DSCN2810.jpg
山羊パニール。
実は山羊の香り苦手なのですが、これは大丈夫でした。
普通のパニールのような弾力はなく、ムースみたいな食感。
タマリンドのようなソースもおいしい。

DSCN2812.jpg
カラスミ大根キヌアのサラダ。
ハーブだけでなく野菜各々の香りも活きてて、食感もおもしろい。


DSCN2814.jpg
茄子とズワイガニのミルフィーユ。
ペーストとスライス2種の茄子、ペーストにはズワイガニが混ぜられていました。
その隣には、和牛カルパッチョ。
モルジブフィッシュのソースで。牛肉との取り合わせが新鮮です。


続いて、温菜。
DSCN2815.jpg
魚介と根菜の温かいサラダ 岩塩とスパイスの挽きたての香り。
華やかなのに、根菜・温かいという要素がほっこり感もあって不思議な雰囲気。

DSCN2821.jpg
スタッフの方が、岩塩とおろし金、大きなスパイスミルを持ってテーブルをまわってくれて完成。
スパイスは、ディルシード、コリアンダーシード、ブラックペッパー、フェンネルシード。
魚介の弾力のある食感と根菜のざっくりほこほこした食感の対比が楽しく、出汁がじんわりおいしい。
粒度の違うスパイスを噛む度に香りが口いっぱいに広がります。好きだな~。
作った方の意図とは違うかもしれませんが、スープカレーの1つの形だと思います。


ここからカレーが2品。先にご飯が運ばれました。
DSCN2824.jpg
トマトライス。

DSCN2827.jpg
スパイスと炒めてある菜の花。苦味がいい。

DSCN2830.jpg
金目鯛とマスタードのカレー。

DSCN2831.jpg
皮目パリパリ。身はしっとり。丁度良い火入れでした。
脂が強めの食材とマスタードの相性はやはり良いですね。



お次のカレーもご飯から。
DSCN2835.jpg
レモンライス。

DSCN2836.jpg
油で炒めたキャベツの香ばしさよ。愛しいぜ。

DSCN2837.jpg
シメジ・エリンギ・舞茸のソテー。こちらも油と合いますね。

DSCN2840.jpg
ポークと国産サフランのカレー。

DSCN2842.jpg
かなりレアな火入れ。もう少し火が入ってるのが好みです。
カレー自体はサフランの香りの他に、鰹節(モルジブフィッシュ?)の香りがかなり強め。
このお店の牡蠣カレーを彷彿するような味。
ポークに合わせているからか、甘味酸味様々な味がスッキリ纏まっていて食べやすいですね。


ここからデザート。
DSCN2843.jpg
ほうじ茶のブランマンジェ。
今にも溶けてなくなりそうな、儚げなルックス。
てっぺんに茶柱が立ってて、そこもまた儚げ。
フワッと香るほうじ茶の香りが単調になりがちな味に一本筋を通してます。
それにしてもここのデザートはいつもおいしくて、通常営業時のケーキもおいしいのです。

次はクリスマスケーキ。
DSCN2846.jpg
苺のショートケーキ。
4人分なので、まずはホールで撮影会から(笑)

DSCN2849.jpg
切り分けていただいた図。
ツリー型のパイが各々の皿に。
これならケンカになりませんね(笑)

DSCN2850.jpg
クリームの甘さ、苺の酸味、スポンジの塩梅、どれも丁度良くてすごくおいしかった!
クリスマスに食べる苺のショートケーキは格別のものがあります。


今回初めてこちらのクリスマスディナーをいただきましたが、
入口から料理、お店の雰囲気など総合的なレベルがカレーを出すお店の中では突出しているなと思いました。
特別な日に特別な時間を過ごし、特別な気分に浸れる空間を演出できるお店はここを置いて他にはないでしょう。
(あくまで、カレーを扱うお店という意味です。)
こういうお店があることで、カレーというジャンル自体が日常食から1つ上のレベルで意識される契機になりますし、
ハレの日的な料理の中から日常のカレーに還元されて、おいしいカレーを食べる機会が増えればいいなと思っています。


帰り道。
DSCN2851.jpg
クリスマス仕様のスカイツリー。緑が欲しかった!
ちょっと不気味。ドラキュラっぽい。



comment 4 trackback 0
02.17
Mon





3度こちらに伺えるとは、いつもありがとうございます<(_ _)>

コジコジ 食べログのページ

この日はクリスマス限定スペシャル。
DSCN2717.jpg
こりゃすごい。

プレートはこんな感じ。
DSCN2718.jpg
豪華スリランカプレートSet。
ホントに豪華だ!

DSCN2719.jpg
薄紫のタマネギと一緒のが、パパイヤのアチャール。
その下、左からバトゥモージュ、高菜のマッルン、木の子テルデーラ。

DSCN2720.jpg
この青唐辛子が激辛でした。

DSCN2722.jpg
左からポルサンボール、冬瓜キラタ、三つ葉サンボール。

DSCN2742.jpg
魚の姿揚げ、オコゼっぽいです。セットには含まれておらず、予約特典だった模様。
その下にはティッカが。ジューシーな焼き加減。

DSCN2725.jpg
三つ葉サンボールの横には、ドライポークカレー。

DSCN2730.jpg
オイスターカレー。
牡蠣のおいしさがストレートに出てました。が、結構辛い。

DSCN2733.jpg
チキンストゥ。
甘くてまろやかですが、意外と辛味も。

DSCN2736.jpg
ワタリガニカレー。
甲殻類の旨味は凄まじいです。例にもれず辛味も強烈。

DSCN2738.jpg
セットのサラダ。
今回の救世主。お口の消火隊。獅子奮迅の活躍でした。

DSCN2739.jpg
セットのスープ。
これが意外とおいしい。
最初一口すすって、結構辛いなとか思ってましたが、後半戦はこのお方も救世主側に。
私が学ぶべき教訓は、相手が変われば、置かれる立場も変わるということ。勉強になりました。


この日は昼に伺えたので、夜は売り切れていることの多いデザートを注文しました。
DSCN2743.jpg
パイナップルプディング。
もっちりとした不思議な食感。旨い。

DSCN2746.jpg
ビスケットプディング。
これが一番好み。ビスケットの塩気が効いてます。

DSCN2750.jpg
ワタラッパン。
上下2層になってて、味と食感の変化が楽しい。

DSCN2751.jpg
セイロンミルクティー。


今回のメニューはひと際ご馳走感が強く、カレー3品はそれぞれかなりおいしかったのですが、
カレーとして完成された味であるが故にプレートで混ぜて食べるおいしさは削がれているような印象を受けました。
バトゥモージュ、高菜のマッルン、木の子テルデーラ、ポルサンボール、冬瓜キラタ、三つ葉サンボールのように
1品1品は地味なおかずたちをご飯と好きなように混ぜて食べるのが、スリランカプレートの醍醐味のような気がしています。
(あくまで私の数少ない経験の中で感じたことですが。)

それらが活きてくるようなカレーが1品付いてくる構成のプレートを食べられたらなぁというのは贅沢ですかね。
次回伺う機会があれば、レギュラーのチキンカレーやライスカレーも食べてみたいなと思っています。




comment 0 trackback 0
02.16
Sun





前回のあらすじ】
小田急相模原駅徒歩15分弱の焼肉屋「はせ川」に向かった一行は、激安激旨焼肉を次々と胃入。
追撃してくる野菜にも戦士達の箸を止めることはできない。
そしてテーブルには次なる追手が運ばれようとしていた。。。


。。
。。。


はい。という訳で炭水化物。まずはカレーから。
DSCN2668.jpg
チキンカレー。


DSCN2671.jpg
カレー本体。
ご飯への2点同時攻撃以外ではダメージが通らないかもなので注意。
いわゆる欧風カレーではなく、インド料理に近いもので、普通のカレー屋では太刀打ちできない味でした。


DSCN2669.jpg
パロタが載ったご飯は白飯、フレーバーライス2種。米はジャスミンライス。
フレーバーライスが特に旨い。相当ハイレベル。
スパイスがビシッと効いてて、控え目な味付けが絶妙。
このご飯単品でも素晴らしい1品ですね。


お次は、最初にメニューを見たときから興味を惹かれていたものを。
そのお品書きの一部始終をご覧ください。
DSCN2679.jpg
真空しゃぶしゃぶすき焼き地 大吟醸麺。
必殺技のような名前。

DSCN2680.jpg
小麦の芯に近い部分だけで作った小麦粉を使うので、大吟醸麺。とのこと。


DSCN2681.jpg
使われている食材も錚々たる面子。
茹でる前の麺が250g。。。


DSCN2682.jpg
で、900円って(笑)。


運ばれてきたのがこちら。
DSCN2689.jpg
真空しゃぶしゃぶすき焼き地 大吟醸麺。
ですが、これだけだとただの大吟醸麺。


DSCN2691.jpg
真空しゃぶしゃぶすき焼き地は別添えでした。


DSCN2693.jpg
オン。

お味の方はと申しますと、かなり旨いです。
大吟醸麺はツルツルモチモチの太麺で、小麦の香りと甘味がしっかりと感じられます。
そしてスープ。骨から取った出汁の味よりも、肉から取った出汁の旨味が断然強いもので、
普通のラーメンスープとしては強すぎるかもしれませんが、合わせる麺が前述の大吟醸麺ですから
このくらい強烈なスープでないとバランスが取れないのかもしれません。
事実、麺とスープを一緒に食べると非常においしいのですから。
イベリコチャーシュー、半熟玉子、メンマ、ナルトと具材も味・ルックス共に抜かり無し!


まだまだ、いきます。
DSCN2683.jpg
大人のオムライス。
玉子はたんぽぽオムライス風。
その下には穴子が1本(笑)
ご飯は穴子の甘いタレで和えてあります。


DSCN2686.jpg
効果音(?)的なものは各自皆さまの想像力におまかせいたします。
玉子トロトロ穴子フワフワでおいしくいただきました。


と、そろそろデザートを。
DSCN2696.jpg
いちごサンド。
女将さんが「いっぱい頼んでくれたからおまけしといたよ」と真ん中のアイス。


DSCN2699.jpg
チーズケーキ。
という表記でしたが、運ばれてきた皿は、チーズ盛り合わせの様相。
皿の左にいるフロマージュというケーキ、味は塩気の効いたチーズそのもの。
口当たりはフロマージュと呼ばれるケーキの濃厚なやつのそれです。
この後も数品甘いものを頼んでいたので、この塩気がいいアクセントになりました。


DSCN2702.jpg
昭和のモンブラン。
洋酒の香りが立ってます。
どの辺が昭和なのか、私はわかっておりません(笑)


DSCN2707.jpg
自分でティラミス。
左の小鉢から、コーヒーアイス、マスカルポーネクリーム、エスプレッソ、ココアパウダー。
真ん中の皿のスポンジに自分で載せて完成させるのです。


DSCN2709.jpg
スプーンで支えていますが、自重に耐えらず倒壊寸前です(笑)
何とか左手でシャッターを切りました。


DSCN2712.jpg
ダッサイケーキでババオラム。
ラムの効いたアイスにドライフルーツ、しっとりしたケーキが皿に。
画像右上に見えているのがババオラムの瓶。
中にはシナモンなどのスパイスがホールでたっぷり入っております。
(画像では全くわかりませんが。。。)
「すきなだけ掛けてください」と女将さん。
突っ込みどころが多すぎて、突っ込むのやめました(笑)
デザートの中で一番好きな味でした!


DSCN2713.jpg
フルーツとアイスの盛り合わせ。
ちょっと待って、何すかこれ(笑)


DSCN2715.jpg
フルーツサイド。
てんこ盛りという表現を適切に使える状況だと思います。



ここでフィニッシュ。
前・後編で紹介したメニューを6人で全ていただき、各自お酒も飲みながらで1人4000円強。
注文内容だけ見ればもの凄い安いのですが、こちらでの平均予算は大体2000円強だそうなので、
普通はこんなに食べないようです。。。

ボリュームが凄いのはもちろん、味が抜群に良くレパートリーが多いのが印象深いお店でした。
焼肉以外のカレーやラーメンがここまで旨いとは思いませんでした。
帰る間際に「焼肉屋のサイドメニューのカレーのご飯がここまで凝っているのは?」とお尋ねしたところ、
「普通のご飯出してもつまらないでしょ。こっちの方がおいしいから。」みたいなお答え。
それでもあそこまではなかなかできないですよ。感服です。

記事に興味を持たれて、こちらに行こうと思われた方に1点注意が。
食べ残しの持ち帰りは一切できませんので、あしからず。
色々食べたいのであれば、同行者に強靭(狂人)な胃袋を持った方を複数名連れていくことをオススメいたします。



そうそう、この集まりは忘年会だったのですが、忘れられない1日になりました。


comment 2 trackback 0
02.15
Sat





最近何かと忙しく、もにょもにょしていてあまり更新できませんでした。
気を取り直して、昨年クリスマス前のセーブポイントから再開します。


。。
。。。

この日は前日にフレンチをぺろりと平らげたにもかかわらず、焼肉を食べに行ってきました。

はせ川 食べログのページ

滅多に乗らない小田急線。
案の定、乗り換えに失敗し、小田急相模原駅の改札を出たところから商店街を抜けて、真っ暗な住宅街を激走。
前を歩く皆さま方の背中が見えて、ホッとするも、身体のあちこちが悲鳴を。
予約時間に間に合い、皆さまと一緒に入店して奥の小上がりへ。


。。
。。。


さて、腰をおろして、壁に貼られたメニューを見てみます。
DSCN2634.jpg
ふむふむ。

DSCN2635.jpg
なるほど。。

DSCN2636.jpg
なになに。。。

DSCN2637.jpg
ほうほう。。。。

DSCN2638.jpg
あっちにも。。。。。

どの壁を見てもメニューメニューメニュー。
この時点でかなり楽しくなってます。
もう一度よく見て見るとどのメニューも相当お安い。

ひとまず、飲み物を。
DSCN2639.jpg
生グレープフルーツサワー。
もう一人注文していたので、グレープフルーツが2玉来たのですが、
普通のとピンクが1玉ずつ。という訳で半玉ずつでミックスに。

DSCN2641.jpg
骨付きラム。
かぶりつきながら、羊とハーブの香りにうっとり。


DSCN2643.jpg
甘辛とうがらし。
瑞々しく爽やか。


DSCN2642.jpg
乙女牛 赤身肉。
部位は確認しませんでしたが、柔らかく肉の旨味が一噛みごとにジュワッと出てくるおいしい肉です。


DSCN2644.jpg
A5仙台牛 ヒレ肉焼き 100g。
これはズルい~。圧倒的に旨い。


DSCN2650.jpg
レバー(手前)とハラミ(奥)。
レバーはプリっと新鮮で良質(だと思った)。
ハラミの柔らかさの中にもギュッと詰まった食感が素敵です。
脂7肉汁3なジューシーさもたまりません。


DSCN2678.jpg
ネギ焼き。
下仁田ネギだそう。
焼けたネギは甘くてトロトロでした。


DSCN2653.jpg
ピーマン色々焼き。
この辺りで野菜をということで。
いいタイミングでの野菜投入です。


DSCN2657.jpg
生ハムとフルーツ。
って、ドラゴンフルーツ!
このお店、底が見えない…


DSCN2659.jpg
上ロース。
この辺まで来ると、肉が旨いのは当たり前になってきてます。


DSCN2660.jpg
友三角。
上ロースよりも赤身肉に近い食感。
でもって、サシが入っているので和牛的なおいしさは言わずもがな。


DSCN2662.jpg
ポテトサラダ。
箸休め。地味ですが旨い。


DSCN2663.jpg
本日のお勧めサラダ。
ポテトサラダとマカロニサラダがドスンと鎮座。

DSCN2664.jpg
本日のお勧めサラダ 逆サイド。
こちらは野菜色々な感じ。
ドレッシングとカリカリしたやつがすごく旨い。


DSCN2667.jpg
大動脈(左)とコブクロ(右)。
それぞれ食感と風味が独特で旨し。
どちらかと言えば、大動脈が好みです♪


DSCN2676.jpg
トマトのサラダ。
これまた凄いボリュームのサラダ。
このトマト、甘くて味の濃かった。そういう品種なのでしょう。


DSCN2677.jpg
大自然の息吹を感じます。


と、ここらで肉に満足した我々一行はこの後、炭水化物系のメニューへ移行しました。
続いてデザートもいただきましたが、それは後編で。


では。
comment 0 trackback 0
02.05
Wed





未だに当ブログはクリスマス少し前辺りをうろうろしております。
という訳で、この日はフレンチを食べに幕張本郷まで。

Cinq au pied サンク・オ・ピエ お店のHP

前回は秋のコースの時に伺って以来ですが、本当はもう少し頻繁に来れたらなぁ~。
という願望は一旦置いておいて、さっそくプレクリスマスコースをいただきましょう!


。。
。。。


まずは1品目の前菜を。
DSCN2583.jpg
フランスランド産鴨のフォアグラのテリーヌ、リンゴのコンポート添え、バルサメーラソース。
バルサメーラというのは、リンゴのバルサミコだそう。

DSCN2584.jpg
1切れがテリーヌ型のちょうど半分。それが4切れですからこれだけで相当なボリュームです。
写真では丁度隠れていますが、テリーヌの尻に敷かれているリンゴのコンポート。
一緒に口に入れますと、それはもうあれですよ。甘味とフォアグラってホントに合いますよね。旨いです。

DSCN2585.jpg
野菜も瑞々しくて、しっかりとした味わい。


続いて、2品目の魚介料理。
DSCN2588.jpg
オマール海老テールのローストと本日の白身魚のポワレ オマール海老の濃厚ビスク仕立て。
ビスクの香りがもの凄くいい香りで、思わずスーーーハーーーッてしちゃいそうになるくらい。
濃厚と謳うだけあり、海老からでるエキスを一滴も残さず抽出したような、
それでいて全くくどくないのでスプーンが止まりません(笑)

DSCN2590.jpg
写真暗いですが、海老の身もブリッとしていておいしかった!

DSCN2596.jpg
そしてこの鯛。
皮目パリパリで身はしっとり。絶妙の火入れ。
海老とは違った風味でまたスプーン止まらず。また食べたいなぁ。。。


うっかりして、
DSCN2597.jpg
赤いワインなんて飲んだり。

余談ですが、私はお酒は弱くて、特に醸造酒はダメなはずだったんですが、おいしいのは飲めることが判明。
これは2013年の収穫です。酒飲みの皆さまのお力添えのお陰。ありがとうございました<(_ _)>
実際は、酸化防止剤が身体に合うかどうかの問題で、後は体調と次の日の予定次第です。


さて、3品目は肉料理です。
DSCN2598.jpg
ハンガリーの国宝!マンガリッツァ豚の背肉のロースト、
セープ茸(ポルチーニ)のソテーとフォアグラのソテー添え、キノコのデュクセルソース、トリュフ風味。

DSCN2600.jpg
このソース、大量の炒めキノコを使用しております。
よって、超濃厚なキノコの風味が口の中で爆発します!
肉の火入れもジャスト!!

DSCN2603.jpg
野菜も甘味が十分に引き出されていますよ。

DSCN2606.jpg
こちらにもフォアグラ様が。
ソテーは外カリ内トロで完璧。
下に敷かれているのは、ポルチーニ。こちらも香りよくジューシー。


ラストのデザート。
DSCN2609.jpg
わ~っヽ(^o^)丿

DSCN2616.jpg
ヴァローナ・グランクリュ・ショコラ"カライブ"のマルキーズ仕立て。
めっちゃくちゃ濃厚。おぉぉぉって、唸っちゃう。

DSCN2619.jpg
コアントローのアイスクリーム。
サッと香るオレンジが爽やか。これかなり好きです。

DSCN2612.jpg
イチゴのタルティーヌ、シェフ風クリーム。
普通のイチゴタルトのような重さがなくて、ミルフィーユ的なさっくりした軽さで旨し。


DSCN2620.jpg
さかもとこーひープレクリスマススペシャル。
このコースのデザートの為にブレンドされた特別仕様。
デザートの後に一口すすると、あっという間にデザートと一体になって全く邪魔しない味。ステルスだ。



今回も素晴らしかった。
また絶対来る!!


comment 2 trackback 0
02.02
Sun





おいしいパフェを食べたからと言って、このまま帰る訳には行きませぬ。


シバカリーワラ 食べログのページ

DSCN2335.jpg


三軒茶屋に来たらばこちらのカレーも食べねば。
というわけで、以前から狙っていたこちらのメニューがオンしていました。ラッキー。
DSCN2336.jpg
鱈と白子のマラバーリ。

DSCN2337.jpg
プリプリトロトロの白子。旨いのは言わずもがなですがな。
鱈の身もほっこりしていて旨し。

DSCN2340.jpg
安定のダル。

DSCN2341.jpg
鉄板のライタ。

DSCN2342.jpg
伏兵のアチャール。

DSCN2343.jpg
親子鱈。


今、インドに行ってらっしゃるようで帰国が楽しみです。



comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。