--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.28
Tue





という訳で、おまかせでお願いする為、翌日の夜に伺いました。

万事屋 藤吉 食べログのページ


さっそくご主人に「おまかせでお願いします。」と声をかけたところ、
「何か希望はある?食べられないものは?」と。
食べられないものはないのと、予算¥3,000でご飯とみそ汁は入れて欲しい旨を伝えて、用意していただきました。

ご主人のおねえさんがお箸を用意してくれました。
DSCN2567.jpg
いいですね。こういうの。
おねえさんと世間話しながら、料理ができるのを待ちます。

少し時間を置いてから、出てきたのがこちら。
DSCN2568.jpg
ご飯と小鉢たち。

DSCN2569.jpg
切干大根。
見た目よりもずっと優しい味。

DSCN2570.jpg
お新香。
全て漬け方が違う!!どれも旨いなぁ。

ご飯の横の鉢を開けてみると、
DSCN2572.jpg
おでん。
練り物、つみれ、大根、こんにゃくのラインナップ。
この出汁が旨い!!ほっこりしますわ~。

お次は、
DSCN2573.jpg
ほうれん草の味噌汁。
少し赤味噌っぽい味でした。これまたホッとする味だ。

真打登場。
DSCN2574.jpg
お刺身4種盛り。

DSCN2575.jpg
氷見の鰤。
ビシっとエッジが立ってます!
当然旨いのなんのって。

DSCN2576.jpg
真ん中は鰆。お隣は本マグロの中トロ。
魚編に春ですが、冬が旬だそう。
中トロは言わずもがな。

DSCN2577.jpg
真ダコ。
吸盤の部分と中心の白い部分を。
吸盤のコリコリとした歯ごたえと弾力はタコに期待するおいしさの1つで、十二分に堪能できました!
対して白い部分は、スッと自分の歯が入っていく柔らかさですが、
決して淡白な味ではなくタコのエキスがジュワっと出てきます。これまた旨いな~。

で、終了と思いきや、も一つメインが。
DSCN2578.jpg
岩中豚の煮豚。
粒マスタードが添えられています。
醤油の香りが何とも食欲をそそる香りです。

DSCN2580.jpg
この豚の脂身が、サクサクとした軽い歯触りで切れの良いあっさりとした脂でした。
こんなに食べやすくおいしい脂身は体験した事がありません。
岩中豚は覚えておきます。


とまぁこんな感じで、おまかせを拵えていただきましたが、
野菜・魚・肉とバランス良く食べることができ、かつおいしく心温まる晩御飯でした。

スポンサーサイト
comment 3 trackback 0
01.25
Sat





近くの焼鳥屋で飲んだ際に、その界隈に住む友人達が気になっているお店があるという話題が挙がり、伺いました。
何でも店頭に「すっぽん」ののぼりが立っていて、店頭のメニューボードに「スッポンスープカレー」なるものまであるとか!

万事屋 藤吉 食べログのページ

DSCN2548.jpg
ホントだ。。。

DSCN2547.jpg
確かに。
ラーメンや雑炊もあるようですね。

DSCN2546.jpg
もう一方のメニューボードには錚々たるラインナップ。
ひょっとしてこの店凄いんじゃないのか。。。ざわ。ざわ。。。
私は「おすすめ」の目の字に一抹の不安を隠しきれません(笑)


。。
。。。

着席した一行は、数品注文頼んで軽くお酒を飲もうということに。

まずは飲み物から。
DSCN2552.jpg
焼酎を、

DSCN2550.jpg
レモンソーダで。


注文の品が続々到着。
DSCN2560.jpg
クエ煮付。
ぷるっぷるのゼラチンと程よい脂のりで甘めの煮汁がよく合います。

DSCN2555.jpg
湯豆腐(山形県直送秘伝豆)。
ほんのり緑色の豆腐。豆の味が豊かで香りよし!
長ネギもトロッと甘くておいしい。

DSCN2553.jpg
薬味は鰹節、長ネギ、生姜。
ほんの少しだけ醤油を垂らして食べたのが一番おいしかった!
薬味を使ってもおいしいんですが、豆腐自体の味がすごくいいのでしょう。


DSCN2554.jpg
京九条ネギときくらげぬた。
このぬたがまたおいしくて、一行色めき立ちます。

ここで店主のおじさんが我々にお店や食材の事を色々お話してくださいました。
そのお話が面白く的を得たもので、かつ料理もおいしかったので我々はすっかりおじさんのファンに(笑)


いよいよメインが登場。
DSCN2557.jpg
スッポンスープカレー。
この写真からスッポンの姿は確認できませんが、切り身が2~3切れ入っています。

DSCN2561.jpg
滋味深いスープにオーソドックスなカレーの味と香り。
独特の風味というかクセはなく、さっぱりとした印象。
何しろスッポン初体験なので比較対象がありませんが、
カレーの味としては一般的なものを想像していただけるとそう違いはないかと思います。


続いてこちら。
DSCN2563.jpg
スッポン雑炊。
これは文句無しに旨い!!
スッポンの身は煮込まれていて柔らかくなっていますが、身がギュッと詰まっている印象。
こちらももちろんクセはありません。


これで最後。
DSCN2564.jpg
スッポン身入りラーメン。
こちらのスープもおいしく、麺はプリッとした食感。
具材の彩りも良くて目にもおいしい。



どの料理もおいしく、店主のおじさんも面白い方で、帰る頃には私の小さな小さな不安は何処へやら(笑)
もし、今度来た時、嫌いなものがなくて予算だけ伝えてくれれば、おまかせが一番いいよとのことでしたので、
次回はおまかせしてみようかなと思いました。

2014年、こちらのお店に伺うことが多くなりそうです。

comment 2 trackback 0
01.21
Tue





今日からしばらくの間、お祭り感の強い更新が続きます。


。。
。。。


12月中旬、街はクリスマスの雰囲気に包まれていて、
オレには関係ないぜ!と思いながらも、少しだけ浮かれていました。少しだけ。

ここ数年、カレーやインド料理等のスパイス料理を提供するお店でも
クリスマスというイベントに合わせて、普段扱わない特別な料理を提供するような流れが強まってきているようで、
(もちろんクリスマスも通常営業と言うお店もありますが。)
そのお陰で、この期間だけの為にアイディアと技術を詰め込んだ料理が色んなお店で食べられるのだから有難いことです。

という訳で、秋のコースでもお世話になったこちらのお店でクリスマス限定のシーフードコースを食べに伺いました。


ガネーシュ お店のHP


いつにもまして楽しみなこちらのコース。
どんな料理が出てくるのか、そわそわしてましたよ。


さて、前菜はこちらから。
DSCN2508.jpg

DSCN2509.jpg
海老と蓮根のパコダ。
パコダはスパイスで風味付けされた豆粉の衣の天麩羅・かき揚げ・フリッター、そんな感じの料理です。
海老と蓮根は相性抜群ですから、どストライクのおいしさ!
コースの入りからグッときますね~。

DSCN2511.jpg
バスマティライスが入ったラッサム。
味自体はこちらのお店で供されるラッサムとは違い、かなり出汁感の強いラッサムです。昆布出汁みたいな。
器の底に様々なスパイスと一緒の白い細長い米が見えますね。
出汁感の強い汁と一緒に食べるとさながら雑炊のよう。米がサラサラで香りも良いので日本米よりもいいかも。
時折噛みしめるスパイスの香りが大好きです。スープカレーでもそういうのがあると俄然盛り上がりますから。
これいいです!!


続いて、前菜2品目。
DSCN2512.jpg
色鮮やかな皿ですね。

DSCN2513.jpg
シーフード(モンゴイカ、桜海老、アサリ)のポリヤル。
ピンク~薄紫のソースのようなものは、ビーツのライタ。
ポリヤルはざっくりいうと、南インドの香味炒めらしい。
ライタはヨーグルトサラダ。正確な表現ではないかもしれませんが、概ねそんな感じです。
前菜然としていて、いい感じです。メインの前に丁度いい料理でした。

DSCN2514.jpg
冬野菜はスパイシーな温野菜で。
サツマイモは紅あずま。かぼちゃもスパイスとココナッツで風味付けされてます。
野菜毎に異なる調理が施されているようで、手間がかかってるなぁ~。
こういうほっこりする品があるのもいいですね。


ここからメインのカレー4品が登場します。
DSCN2516.jpg
ナンドゥマサラ。渡り蟹のカレー。

DSCN2517.jpg
カレーにもしっかりとした蟹の旨味が染み出ていますが、
何と言ってもこの画像の中心辺りにかぶりつくと蟹の味噌がドスンときます。蟹蟹蟹ィィィィ!!
すんげえ旨いです。


次のカレーはこちら。
DSCN2518.jpg
金目鯛のケララシチュー。

DSCN2521.jpg
要はココナッツミルクの煮物なんですが、
ココナッツミルクの優しい甘味と香り、金目鯛の塩気と脂の旨味がそれぞれを引き立てていて、秀逸。
それでいて、スパイスもしっかり効いているので、口に残る余韻が素敵です!
今回のメニューで1番のお気に入り。


DSCN2524.jpg
フレーバーライス。
この辺りからメモがほとんどなく、料理に集中していた模様。

DSCN2525.jpg
当然のように2種盛り。


カレー3品目。
DSCN2526.jpg
マスタードシュリンプ。
と、ガネーシュさんのブログにありますが、自分のメモには「海老」の2文字のみ。。。orz
皿中央のカリカリしていることが明らかに見てとれるのは、揚げたゴボウのスライス。
パリパリした食感と土臭さが何とも海老の風味がガッツリ溶け込んだカレーと良く合うのです!!

DSCN2528.jpg
見よ!このプリプリな海老を!
海老自体も非常においしいものでした。


最後のカレーの前にもう一つのメインディッシュ!
DSCN2529.jpg
という瞬間、現場ではこんな感じでワー、キャーな展開に!!

その後、お目見え。
DSCN2531.jpg
蟹のビリヤニ。
こちらでは南部鉄器の鍋で作られたオイスタービリヤニが冬の期間限定で供されるのですが、
今回のコースではその特別バージョン!!
ものすっっごい旨いですよ~、コース限定ならではというより、コースでなければ出せないのでしょう。


そしてカレー4品目。最後です。
DSCN2533.jpg
オイスターマサラ。
こちらのお店のスペシャリテで、こちらのお店を知っている方ならおそらくお馴染みのはず。
それくらいこの料理はこちらのお店に伺うなら必食だと思います。
牡蠣カレーではもちろん、牡蠣料理の中でもこのオイスターマサラは頂点に近い位置にいる料理だと思います。
ぜひ一度は食べてみていただきたい料理です。牡蠣嫌いでなければ。

DSCN2534.jpg
カレーに染み込んだ牡蠣のエキスが嘘のようにプリプリな質感を保つ牡蠣。

「きれいな顔してるだろ。」
「嘘みたいだろ。」
「旨味がしっかりカレーに出てるんだぜ、それで。」

某場面をうっかり思い出してしまいました。


DSCN2539.jpg
奇跡の惑星。みたいな。
オイスターマサラ×蟹のビリヤニ。
旨すぎてもうよくわからない。。。


デザートも一筋縄ではいきません。
DSCN2541.jpg
バナナ?の葉っぱに包まれてます。

DSCN2542.jpg
パンケーキ。とのこと。
中には甘いココナッツのフィリングが入ってました。
丁度いい甘さに癒されました~。



秋、クリスマスとコース料理をいただいて、ますます通常メニューを食べに伺わなければと思った次第です。


。。
。。。

で伺ったのがこちら





comment 2 trackback 0
01.19
Sun





カレーの話の中でそれなりの頻度で挙がるなぁと個人的に思っているお題に、
"おいしいカツカレーとは?"なんてものがありまして。


スープカレーカムイ お店のHP

DSCN2622.jpg
スープカレーとトンカツ、どんな相性なんでしょうか?

お店の中のPOPはこんな感じ。
DSCN2624.jpg
写真のニンジン、ピーマンと比較すると結構なボリュームのよう。
キャベツはうれしいですね。ここのキャベツおいしいですし、何よりトンカツにはキャベツですし。

注文から程無くして、到着。
DSCN2626.jpg
カツカレー。

DSCN2628.jpg
ヒレカツが2枚。1口サイズより一回り大きいくらい。
ニンジン、ピーマンの裏には焼き目が付いたキャベツがたっぷり。

DSCN2632.jpg
さっそくライスオン。
このヴィジュアルで旨くないはずがない!!
サクサクの衣にこちらの絶品スープが染み込んで最高です。
脂身が無いヒレカツなので、スープと肉が組み合わさった味がダイレクトに伝わります。
極端で大雑把な表現かもしれませんが、ウスターソースとカツのコンビネーションに近いものを感じました。


大多数の方が思い描くカツカレー像は、
ロースかつがのってトロッとしたルーが掛かってるものではないかと思うのですが、
今回こちらでいただいたカレーに「カツカレーの理想型」を見た気がします。


comment 0 trackback 0
01.18
Sat





12月のパフェを食べに伺いました。

Nicolas ニコラ お店のHP

こちらの季節のパフェは非常に凝ったもので、11月のパフェも相当なものでした。
その際に次月のパフェはとお伺いしたところ、
「ピスタチオを使おうかな。。。」というようなことをおっしゃっていたので、
ピスタチオが好物の私は機会を伺っていたのでした。



。。
。。。

ということで、まずはこちらで心を落ち着けます。
DSCN2317.jpg
カフェオレ。

口がさびしく、こちらも一緒に。
DSCN2318.jpg
マカロン。
木イチゴのソルベとラングドシャが添えてあります。

DSCN2319.jpg
マカロンが串団子のように。
手前から、ベリー生地にミルク、紅茶生地に柑橘、チョコ生地にチョコでした。
どれもメリハリの利いた組み合わせでおいしいのですが、紅茶生地が一番好み。
本来はもう一回り大きいマカロンが3種類あって、その内1つを選ぶのだそうですが、
この日は小さいものしかなかった為、ちょい価格UPで3種で、とお店の方に提案していただいたのでした。幸運!

少し食事もと思い、こちらを注文。
DSCN2321.jpg
ピスタチオのペンネ。
元々、シチリアにはこのようなピスタチオの使い方をした料理があるようです。
ジェノベーゼソースで松の実を使うようなものと考えれば、しっくりくるでしょう。
ペンネに散らされているのは、オレンジの皮を細く刻んだものとローストしたピスタチオ。
それぞれの香りが食欲をそそるのはいうまでもありません!
パンチェッタの塩気が濃厚なピスタチオのクリームを引き立てていました。
かなり好きな味でした~。旨い!!

パスタも食べ終わる頃、パフェを注文。
しばらくすると、運ばれてきました。
DSCN2324.jpg
いちごのパフェ。
リースがかわいいです。
パリパリしておいしかった(笑)

さて、向かって左側のピスタチオサイドへ。
DSCN2326.jpg
ピスタチオの緑が綺麗。
口にしてみると、甘味はかなり控えめでピスタチオそのものをグッと強調した味。
スイーツとしてみると、甘さが足りないくらいかも。(私は単体でもの凄く大好きですけどね!)
ところがパフェのあらゆる部分と混ぜて食べると、コイツの真価が分かるのです!

もう少し後ろに回り込んでみます。
DSCN2331.jpg
今回も様々な形に加工されたいちご達が仕込まれていて、一口毎に感動があります!
時折歯に当たるホワイトチョコクランチが心憎いなぁ。
あ、私、ホワイトチョコレートも大好きなのです!!!

サイドチェンジ。逆サイドへ展開です。
DSCN2330.jpg
こちらはいちごのソルベ。
先程、マカロンに添えてあったものとは違い、純粋ないちごの味がギュッと詰まっています。
それでいて甘味・酸味・香りが自然で、ソルベの滑らかな食感がおいしさにさらなる追い打ちをかけてくるのです。


。。
。。。

この日も大満足で店を後にしました。
2014年1月はどんなパフェに出会えるのか楽しみです。

DSCN2334.jpg

また来るぜ!!!

comment 2 trackback 0
01.15
Wed





平日ランチという私にとっては最難関の条件ですが、どうにか調整して伺いました。

ディラーニさんのスリランカカレー お店のHP

どんなお店でも夜の部の営業さえあれば、どうにでもなるのですが、
平日ランチのみ(祝日は営業していないときもあったりして。。。)は、厳しい条件です。
それでも仕事絡みで外出する際には、あれこれ理由を作って伺うようにしています。

そんなにまでして伺うのは、ディラーニさんの作る料理がおいしいから。
どんな手を使ってでも(笑)、こちらには伺いたいのです。

ということで、この日のメニューはこちら。
DSCN2435.jpg
豆カレーとレンコンのカレー。

DSCN2436.jpg
この豆カレーが絶品です。
これだけでも十分なくらい旨い!!

DSCN2437.jpg
レンコンのカレーはサクサクとした歯触りが心地よく、スパイスの香りもビシッと決まってます!

DSCN2439.jpg
この日は、海老カレー。
ココナッツミルクの加減が絶妙で海老もプリプリ~。旨いな~。


実はこの日の前日、ディラーニさんのカレーの中でも特においしいと評判の牛筋カレーだったそうで、
海老カレーが食べられない常連さんにはそちらが提供されていました。
その常連さんのご厚意で味見をさせていただきましたが、確かに絶品でした。

という訳でこの日2種類のカレーを食べて、とても幸せな気分でお店を後にしたのでした。


comment 2 trackback 0
01.13
Mon





UPしていませんでしたが、何度か伺ってました。

カレーのアキンボ お店のHP

この日は新たに加わった品を食べに。
DSCN2347.jpg
サイドメニューに「おかずサラダ」とありますね。
すでに食べた方によると、このネーミングがしっくりくるメニューなんだそう。
楽しみです。

で、まずはいつもの前菜3点から。
DSCN2354.jpg

DSCN2348.jpg
秋刀魚の揚げ漬け。

DSCN2350.jpg
パパド。
これ、結構好きです。
たまにしか出くわさないので、うれしい。

DSCN2353.jpg
ピクルス。
この日はカリフラワーとパプリカ。

で、登場しました。
DSCN2355.jpg
おかずサラダ。
アップ画像なのは、浮かれてて写真を撮る前に一口食べてしまったから。
ホントに「おかずサラダ」でした。
これいいです。

この日は週替わりカレーを。
DSCN2359.jpg
ブリのカレー。

DSCN2361.jpg
切り身がゴロゴロ。

DSCN2363.jpg
優しい味わいですが、ご飯が進みますよ。

DSCN2364.jpg
自家製ジンジャーエール。
ピリッと生姜の辛味があって、さっぱり。


新たな戦力も加わって、また伺うのが楽しみになりました。


comment 0 trackback 0
01.12
Sun





念願の課題店へ。

たんど~る お店のHP

DSCN2255.jpg

友人に声を掛けていただき、5人で伺いました。
店主さんが体調を崩した後、復帰なさってからは週末のみ営業することが多いようで、
事前に営業しているか確認したほうが良さそう。
今回は予約してから伺ったので、その心配はなし。

この日のメニューはこちら。
DSCN2228.jpg
この日の5人なら全部行けそう(笑)ってことで大人食い!


DSCN2230.jpg
まずは甘いラッシーで準備運動を。


DSCN2231.jpg
10品目サラダ ~自家製ドレッシング~。


DSCN2232.jpg
地鶏レバーのピクルス。


DSCN2233.jpg
地鶏とナンコツのチキンピクルス。


DSCN2234.jpg
地鶏のマライティッカ ~プレーン、チーズ、黒ゴマ~。


DSCN2236.jpg
和ッサムスープ。
この日はこれが一番おいしかった!


DSCN2238.jpg
噂の!地鶏と大根の梅カレー。


DSCN2240.jpg
ラムとゴボウの黒ゴマココナッツカレー。


DSCN2244.jpg
カボチャとキノコの豆カレー。


DSCN2245.jpg
3皿勢揃いの画。


DSCN2248.jpg
雑穀ライス。


DSCN2250.jpg
3種類盛り合わせた画。


DSCN2251.jpg
レーズンとクリームチーズのナン。


DSCN2253.jpg
自家製ヨーグルトとリンゴのコンポート。


DSCN2254.jpg
大人のチョコナン。


和の食材を使ったメニューが多いのですが、味は綺麗にまとまっていておいしかったです。
大体いつもこんな感じのメニュー構成のようなので、1人で来て好きなカレーとちょいちょいつまんでもいいかも。

この辺りに来たときに再訪したいと思います。

comment 0 trackback 0
01.09
Thu





素敵なお誘いがあって、伺うことができました。
ありがとうございます<(_ _)>

OGINO お店のHP

昔、料理雑誌で見たときから気になっていたので、この日を楽しみにしていました!

この日のメニューは以下。

DSCN2257.jpg
DSCN2256.jpg

友人曰く、このお店は肉攻めが有効とのこと。
というアドバイスを基に注文。

逸る気持ちを落ち着かせよう。
DSCN2259.jpg
アミューズのピクルス。
真っピンクですが、様々な野菜が。

口の中がすっきりして、落ち着いてきました。が、余計にお腹が空いたような。

続いて、こちら。
DSCN2261.jpg
一口だけパテ・ド・カンパーニュ。

程なくして、パンが到着。
DSCN2263.jpg
リエットも一緒に。
このリエットがおいしくて、パンがいくらあっても足りないような(笑)
いい大人なので少し我慢しましょう。

前菜から。
DSCN2268.jpg
イチジクの葉っぱで巻いた鴨のテリーヌ 秋田のイチジク添え。
テリーヌは鴨の色んな味が一度に楽しめます。イチジクの甘味がいい感じ。

DSCN2271.jpg
フォアグラのソテー トピナンブール(菊芋)のヴルーテ添え バニラ風味。
フォアグラには甘い味付け・香りがよく合いますね。バニラがとても良い。

DSCN2275.jpg
北海道産白子のムニエル 焦がしバターソース。
見た目通り。トロッと濃厚で旨し。

DSCN2277.jpg
ブルターニュ産リ・ド・ヴォーのムニエル キタアカリ添え ペリグーソース。
独特の食感が楽しいです。トリュフの香りも○。

DSCN2280.jpg
蝦夷鹿のステーキ 黒胡椒とハスカップのソース。

もう少し寄ってみました。
DSCN2283.jpg
ここ最近になってやっと鹿のおいしさに気づくことができました。
昔は、クセはないけど固い肉くらいの認識でしたが、適切な調理をされるとこんなにも違うものかと思います。
赤身肉と果実のソースって合いますね。それとも鹿とハスカップが合うだけ?
何にせよおいしかった!


ここからデザート。
DSCN2285.jpg
焼き立てマロンパイ。

DSCN2287.jpg
温かいタルト・タタン バニラアイスとクレーム・シャンティ。

DSCN2289.jpg
柿のムース アマレット風味 ブルーチーズのアイス。

DSCN2290.jpg
バナナシェイク:バナナムース・ホワイトチョコレートアイス・カリカリアーモンド。
デザートではこれが一番。
これはもう一度食べたいなぁ。。。全てが好みだった。
ホワイトチョコアイスが特にピンポイントでたまらんかったのです。


それにしてもガッツリ食べてますね~。
またいつか伺えたらなぁと思います。

comment 2 trackback 0
01.08
Wed





久しぶりに伺いました。

シバカリーワラ 食べログのページ

DSCN2139.jpg

実はここに伺う前に、17時開店のこちらでパフェを食べているのです。
で、カレーで〆という算段。完璧だ。。。

で、カレー登場!
DSCN2140.jpg

DSCN2145.jpg
ポークチリキーマ。
チリの香りが芳しい。
なんだかんだ言っても、ポークのキーマは旨い。

DSCN2146.jpg
豆と野菜のコルマ。
豆やら野菜やらキノコまで入ったマイルドなカレー。
具沢山。あっさりではないですが、上のキーマが鮮烈な味わいだったのでバランス良かった!

DSCN2141.jpg
ダール。
これものすごく旨いんですよ。

DSCN2147.jpg
ライタ。
こっちも素晴らしいんです。
ヨーグルトのサラダなので、食べ慣れないと抵抗あるんでしょうけど。

DSCN2152.jpg
お約束ですよね。


。。
。。。


また、別な日に友人たちと伺いました。
DSCN2211.jpg
プレート勢揃い。壮観。

DSCN2210.jpg
パクチーサラダ。
いい盛りですねヽ(^o^)丿
(料理の名称を失念。。。たぶんこんなだったような。。。)

DSCN2213.jpg
この日は1種盛りで。

DSCN2214.jpg
牡蠣のマラバーリ。
牡蠣の濃厚な旨味とココナッツ、トマトの効いたカレーによく合います。

鰤カマのマラバーリは残念ながら品切れ。
このバリエーションで鱈と白子のマラバーリもあるとのこと。
今度はそちらを狙って行こうかと思っております。


comment 0 trackback 0
01.06
Mon





こんなに早くに再訪できるとは思いませんでした。
またこのお店に来ることができて、とってもうれしかった~。

コジコジ 食べログのページ

DSCN2097.jpg

まずは乾杯。
DSCN2099.jpg
アラック。
お店のおにいさんが言うにはかなりの年代物で高級品だそうな。
それだけあって、確かに旨かった。が、一般的な品との差はわかりません。が、旨かった。


さてさて、この日のカレープレートが到着しました。
DSCN2100.jpg
DSCN2112.jpg
いいです。

DSCN2102.jpg
パリップキラタ。

DSCN2103.jpg
水菜のサンボル。

DSCN2104.jpg
ラーヴコラマッルン。

DSCN2105.jpg
バトゥモージュ。

DSCN2107.jpg
ボーンチテルダーラ。

DSCN2110.jpg
骨付きSpicyくくるます。

DSCN2108.jpg
Spicyううるます。

前回同様の感想になってしまいますが、混ぜて食べることでおいしさが倍増。
もちろん単体でもそれぞれおいしいのですが、混ぜ加減ひとつで様々なおいしさが体験できる素敵なプレートです。
ですが、今回はかなり辛かった!
同卓のメンバそれなりに辛さ耐性はあるはずなのですが、皆ヒーヒー言いながら食べてました(笑)

何か1品料理でも、ということで注文したこちら。
DSCN2114.jpg
海老デビル。
なんだ、こっちも結構辛いじゃないか(笑)
おいしいけどさ。

見兼ねたおにいさんがサービスで出してくれました。
DSCN2115.jpg
ザーサイとチキンのスープ。
じんわり染みる旨さで、ホッと一息。

DSCN2116.jpg
こんな感じで具沢山。


DSCN2119.jpg
ワタラッパン。
前回食べられなかったデザート。密かに楽しみにしてました!

DSCN2118.jpg
ふわっとした層とみっちりねっとりした層の2層構造。
甘さほど良く美味しいです。


次はいつ来れるのかなと、食べ終わってすぐに考えてしまうお店です。

comment 2 trackback 0
01.05
Sun





第2回北関東遠征です。

294 食べログのページ

DSCN2087.jpg

前回同様、友人が車を出してくれました。
いつもありがとうございます<(_ _)>


お目当てのカレーはこんな感じ。
DSCN2093.jpg
ホームスタイルカリー。

DSCN2091.jpg
豆とチキン。

DSCN2089.jpg
野菜とポーク。

それぞれ個別に食べてもおいしいのですが、混ぜても良し。


DSCN2095.jpg
エスプレッソ。
カレーの後だと余計においしく感じます。


こういうご飯が食べられるお店、近場に欲しいなぁと。
comment 2 trackback 0
01.04
Sat





1人で焼肉が食べたくなったら、こちらの店に。

紋次郎 食べログのページ

1人焼肉はハードル高いかもしれませんが、
この店は1人用のセットが数種類用意されており、肉の他にも前菜からサラダ、スープと充実の内容。
殆どのセットがこの構成なので、食べたい肉で選べばよいのです。

今回は上3点盛り・タレのセットにしました。
DSCN2293.jpg
さぁ、スタート。

DSCN2296.jpg
もやしのナムル。

DSCN2297.jpg
キムチ。

DSCN2299.jpg
焼肉屋さんの肉豆腐。

DSCN2300.jpg
サラダ。

DSCN2307.jpg
テールスープ。
にんにくがガッツリ入っているので、要注意。
注文時ににんにく抜きでとお願いするのを忘れずに。


DSCN2303.jpg
3点盛り・タレ。
A4ランクでサシも十分に入ってます。
どんな部位があたるかは分かりませんが、こんな感じの肉が来るのでいつも安心して頼んでます。
ちなみに塩ダレを選ぶと、タンが入ってくるので残り2種がランダム。

DSCN2304.jpg
上バラ。
いわゆる特上カルビ。

DSCN2305.jpg
ヒレ。
やわらかいです。

DSCN2306.jpg
芯ロース。
サシは入っていますが、カルビほどではありません。


大満足です。

comment 0 trackback 0
01.03
Fri





運よく仕事で外出する用事があった為、あれこれ調整して伺いました。

ディラーニさんのスリランカカレー お店のHP

この日は11月のスペシャルランチ。
DSCN1944.jpg
全景。

DSCN1945.jpg
ドーサ。
もっちもち。

DSCN1946.jpg
生のココナッツとグリーンチリ。
結構辛い。けど甘い香りが心地よく食が進みます。旨い。

DSCN1947.jpg
イドゥリー。
ふかふか。

DSCN1948.jpg
ワダ。
かりかり。

DSCN1951.jpg
サンバル。
かなり好きな味で前述のドーサ、イドゥリー、ワダとよく合ってて、非常に旨い。

DSCN1952.jpg
食後の紅茶。


いつもとは異なる趣でしたが、おいしさは変わらず。
また機会を見つけて伺いたいです。

comment 0 trackback 0
01.02
Thu





昨年は、不定期更新の当ブログを見てくださった皆様、ありがとうございました。
今年も、昨年同様になること必至ですが、気楽にお付き合いいただければと思います。

さっそく、今年のカレー初めをしてきました。

DSCN2929.jpg
DSCN2930.jpg
DSCN2931.jpg
DSCN2932.jpg
DSCN2935.jpg
DSCN2936.jpg
DSCN2942.jpg
DSCN2945.jpg
DSCN2946.jpg


昨年分の更新がまだ沢山残っていますが、ぼちぼちやっていきます。


comment 2 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。