--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.25
Mon





前のお店でフィッシュヘッドカレーを食べた満足感から、
少し目先を変えるべくこちらのお店に移動しました。

おかげさん2 食べログのページ

DSCN1776.jpg

ワインを軸に呑んで食べて楽しめるお店のようです。


DSCN1778.jpg
ワインに関する知識は全くないのですが、
イタリアのボジョレーヌーボーみたいなもの?かな。

ならばということで。
DSCN1779.jpg
ヴィ ノーヴォ。
さきほどの黒板にあったノヴェッロの白を。
こちらはご一緒した友人が注文しました。

ワインには苦い思い出があるので普段はほとんど口にしないのですが、
この日の雰囲気はいっちゃえ~って感じだったので。
DSCN1782.jpg
これはノヴェッロではなく、フランスの赤でした。
名称は覚えていませんorz

ただ、どちらのワインもつまみと合ってておいしかった~。


さて、ここから料理がドンドン来ます!
DSCN1784.jpg
前菜4点盛り合わせ。
左:パクチーとにんじんのマリネ。
右:生ハム。

DSCN1785.jpg
左:豚のリエット。
右:ポテトサラダ。

料理名はうろ覚え。大体こんな感じ。
どの料理もおいしくて、いい感じ。
酔っぱらってるんでその辺は雑な感じ。
それにしても、今回"~感じ"多いな。


DSCN1787.jpg
ブータン・ノワール。
血のソーセージ。
初めてだったので恐る恐る口にしてみましたが、
それほど癖も強くなくおいしくいただけました。
蝦夷鹿だったのも影響あるのかも。

DSCN1789.jpg
半熟ポテトフライ。
「半熟」って何よ?と興味を惹かれ注文。
食感が「半熟」なんですよ~。しっとりなめらかです!
これは癖になりますね。

DSCN1791.jpg
鶏ラグーとポルチーニのリゾット。
この日2食目のリゾット(笑)となりましたが、こちらもおいしい♪


DSCN1793.jpg
白金豚と短角牛のハンバーグ。
これは鉄板でしょう!間違いなく旨いです。


こんなお店が近所にも欲しいな~と。
で、この日はまだ終わらないのでした(笑)
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
11.24
Sun





昨日の記事が、この日のお昼の話。
で、夜はこちらに伺いました。

馬来風光美食 お店のHP

DSCN1765.jpg
マレーシア料理ということですが、あまり印象はないんですよね。
どんな料理が出てくるのか楽しみです。

まずは飲み物で。
DSCN1766.jpg
モヒート。
ミントの香りでサッパリ!

まずは、のサラダから。
DSCN1768.jpg
アボカドのサラダ。
トロットロのアボカドとドレッシングが圧倒的に旨い!

料理が来る前に何やらタレ登場。
DSCN1770.jpg
甘辛くてニンニクが効いてます。


DSCN1771.jpg
肉骨茶。
バクテーというそうです。
各種スパイスと煮込んだ骨付き豚肉。お揚げも入ってます。
このスープ、いろんなエキスが出ててもの凄く旨い!
肉ももちろんおいしいんですが、スープを吸ったお揚げがいいな~。


ここからは、おまかせで注文しました。
DSCN1773.jpg
海老のラーメンのような。料理名は分かりません。
こっちは海老のエキスが濃厚。これもすんごく旨い。


DSCN1775.jpg
フィッシュヘッドカレー。
こちらは本当は要予約だそうなのですが、出していただけました。
ここまで出てきた料理はどれもおいしかったのです。
普段の食事ならそれぞれがMVPクラスのおいしさです。
それでもこのカレーはこの食事のMVPです。そのくらい旨かった!!!


カウンターもあるのでおひとりでもOK。
ただ、数人いた方が色々シェアできていいかと。
思い出したようにフラッと一人で行くかもなと、なんとなく思っています。


comment 0 trackback 0
11.23
Sat





前回ご一緒させていただいた時に「次回も…」と誘っていただき2回目の来店です。

フロリレージュ お店のHP

DSCN1734.jpg
ピカピカですね。

DSCN1736.jpg
今回はメニューちゃんと撮りました。
明らかにフォントがおかしいことになってます(笑)
見た瞬間にオススメが判りますから、ありがたいです。

アミューズから。
DSCN1737.jpg
オリーブ香りが豊かなフレンチトースト。
前回はパンケーキって書いましたが、今回食べてそう感じました。おいしい。


続いて前菜。
DSCN1739.jpg
薄切りのズッキーニが綺麗。
右上に見えるのは本ししゃもの頭とキモは香ばしさと苦味がおいしい。

くるっと皿を反転。
DSCN1743.jpg
身と骨をカリッとフリットにしたものが。

ズッキーニをめくってみます。
DSCN1747.jpg
DSCN1746.jpg
身のフリットの中に詰めてあるのは、多分キモと何かのペースト。
頭と一緒にいたものかはわからないのですが、すんごく旨い。
で、コンソメのようなスープと合わさってたまらんのです。

料理の説明では、
「本ししゃものフリットに季節の野菜を添えて、スープ仕立てにしております。」
とのことでした。


次はメインディッシュ。
DSCN1748.jpg
仏産山鶉のロースト。
左のペースト状のソースは、玉ねぎとスパイス。
これはカレーだ!!すっげー旨い。

DSCN1749.jpg
みっちりしたもも肉。
旨味がギュッとしてます。

DSCN1750.jpg
このそぼろ状のものはワインのソース。それが胸肉に。
しっとりした肉と合うのよ。これが。

山鶉の火の入り加減がビタッと決まってて旨いんだけれど、
それ以上にあのスパイシーなソースが!!!!
あれはカレー好きなら絶対唸っちゃうヤツですよ~。
こういうお店でカレー的な味に出合えて、感動できるとは。
人生どこでどんな出会いがあるかわからないものでおもしろい。


で、その後にはリゾット。
DSCN1751.jpg
鶉の出汁の旨味がこれまた凝縮されてます。

DSCN1752.jpg
これもすっごく旨い。
口に入れる度に旨くて、思わずため息が出ますよ。はぁ~。

DSCN1755.jpg
鶉の頭です。
のってるネギを除けると脳味噌がいたのですが、ちょっとグロいので画像は自粛を(笑)
トロトロでおいしかった。


早いもので最後のデザート。
DSCN1756.jpg

DSCN1757.jpg
この発酵乳のアイスクリーム。
前回もいただきましたが、ほんのり酸味が絶妙です。
そしてブラックペッパーがまたいい仕事してる!

DSCN1759.jpg
フォンダンショコラ!!
口に入れると鼻息がムハーってなります。旨い旨い旨い~。
で、さっきのアイスと一緒に食べるとまたまたいい。
酸味とブラックペッパーとコイツの組み合わせ最高!


DSCN1762.jpg
カプチーノ。
ほっとします~。

DSCN1764.jpg
ホオズキ。
見た目もかわいくて、口の中がサッパリします。


今回も前回に勝るとも劣らず、凄くおいしかった!!
毎回こういうクオリティなのかと、世にも素晴らしいお店があるもんだと、えらく感心してしまいました。
東京すごいね。

それに加えて、楽しい会話というのも素敵な食事には欠かせないなぁと。
おいしかったなというのもあるのですが、楽しい思い出なのが何よりうれしいのです。

ありがとうございました<(_ _)>

comment 0 trackback 0
11.10
Sun





寒くなってきました。ジビエの季節ですね。

 食べログのページ

DSCN1701.jpg

ジビエを焼肉で楽しめるいい感じのお店です。

とりあえず飲み物から。
DSCN1472.jpg
赤ブドウサワー。
肉に合いそうな色です。

DSCN1473.jpg
山ワサビ。
ホースラディッシュですね。
北海道では、ご飯にのせて醤油かけて食べたりします。

DSCN1474.jpg
キャベツの漬物かな。
酸っぱくていい箸休め。

DSCN1477.jpg
こんな感じの七厘で焼きます。

お肉はその日の仕入れによって、品揃え・価格が違います。
行ってみてのお楽しみ。
この日は、鹿・山鯨(猪)・雉・猪豚でした。
そんな中から選んだのはこちら。
DSCN1475.jpg
鹿ロース塩胡椒で。
いきなりですが、これがこの日一番旨かった。
鹿肉は固いってイメージしかなかったのですが、これは違ってました。
肉の旨味と脂の甘味が一体になってて、とにかく旨かった!
リストにあったら是非の一品です。

DSCN1476.jpg
山鯨ハラミ醤油で。
こちらは歯ごたえ十分でいくらでも噛めそうなほど。
で、噛めば噛むほど肉の味が出てきます。ほんのり醤油がまたいい。

DSCN1479.jpg
雉胸肉塩胡椒で。
味は鶏肉同様クセがないんですが、いつも食べてる鶏肉よりも旨味が強いです。

DSCN1480.jpg
鹿ヒレ塩胡椒で。
これはすんごく柔らかくて、でも肉の味はしっかり。

DSCN1482.jpg
猪豚ハツ塩胡椒で。
プリプリで少し血の味がして、肉喰ってる感は一番。


お店に入った時は結構空いていたのですが、しばらくするとたちまち満席に。
2人で接客・調理していて忙しいとしばらく待たされたりしますが、
対応がいい感じなので、待たされても苦になりません。ああいうの大事だなと。


なので、実は後日また行ったのですが、それは別のお話。


comment 0 trackback 0
11.09
Sat





私用で半休いただいた日、用事に行く前に伺いました。

小田保 食べログのページ

DSCN1658.jpg


普段、平日のこの時間帯に築地に行けることがないので、ワクワクしています。


これからもっと寒くなるにつれて、どんどんおいしくなるんでしょうが、
食べられるんなら食べたいあの食材をいただきました。
DSCN1662.jpg
牡蠣ミックス定食。
牡蠣フライとバターソテーが一皿に!

DSCN1659.jpg
すげーボリュームです。幸せ。

DSCN1660.jpg
バターソテーはプリプリ感がものすごい!!ダイヤモンドだね~。

DSCN1661.jpg
牡蠣フライはタルタルと。ド定番でド鉄板でドストライクの組合せ。
でもウスターソースも外せない~。


絶対に機会を見つけて、また食べに行きたい!!


comment 0 trackback 0
11.05
Tue





遠くにあるいいお店、行きたいのだけれど重い腰が中々上がらない。。。
そんな私の背中を押してくれた友人に感謝<(_ _)>

インド富士 お店のHP

東小金井に着くと結構な雨が降っておりましたので、速やかに中へ。


とりあえずのド富士サワーで。
DSCN1316.jpg
インド富士サワー。
おそらく自家製だろうジンジャーエール的なものにスパイスの香り。そんなサワー。


せっかくなのでカレーは2種で。
DSCN1317.jpg
インド富士セット。ラッサム追加。
カレーは2種。左から、ブリのカレー、秋野菜のサンバル、ラッサム、サラダ。

DSCN1318.jpg
ブリのカレーは、ブリの旨味がストレートに出てます。
タマリンドやココナッツは控えめな感じ。
すごくバランスが良くて、おいしい。

DSCN1319.jpg
秋野菜のサンバルも酸味よりも豆の旨味が強め。
野菜の甘味もあって、おいしい。

DSCN1320.jpg
ラッサムは濃いめのどっしりしたタイプ。
ごくごく飲むより、ご飯と一緒に楽しめますなやつ。これまた旨し。

DSCN1321.jpg
サラダの中心に見えるオレンジ色のスライスは柿。
ドレッシングの酸味の中で、柿の甘さがいいアクセントになってます。



帰り道、「もう少し近ければね~。」とか話しながら駅へ向かいました。

comment 0 trackback 0
11.04
Mon





カレーをたくさん食べ歩いている友人が、私の好みに合うだろうとオススメしてくれたこちらのお店。
自由が丘に用事があったので、この機会にと足を延ばしてみました。

HI, HOW ARE YOU 食べログのページ

DSCN1650.jpg
駅から歩いて2、3分の雑居ビル。
階段の前にある看板が目印。

DSCN1651.jpg
グランドメニューも。
キーマ、ビーフ、豆、チキンなどオーソドックスなメニューがならんでますね。
ハーフ&ハーフもできるみたいです。優柔不断な私も一安心。

DSCN1652.jpg
階段を昇ると入口が見えてきました。


中は、シンプルな内装のカフェ的佇まい。
カウンターの壁面にはグランドメニューには載ってないものが色々ありました。
そのメニュー、座っているところからは撮りにくかったので写真はありませんm(_ _)m
その他トッピングも色々あるので、組合せは結構な数になりそう。
という訳で注文を決めるのにかなり迷ってしまい、なかなか決まりません(((^_^;)


。。
。。。

そんなこんなで決めたのがこちら。
DSCN1653.jpg
KALASHNIK CHICKEN カラシュニックチキン。
徹底的に炒めた玉ねぎ、ローストスパイス、モルジブフィッシュの
風味を活かしたスープ状のカレーです。辛さ★★★★★。
…壁のメニューより。

DSCN1654.jpg
チキン、ジャガイモ、ニンジンもゴロゴロ。

DSCN1655.jpg
胡麻がなかなかいい仕事してます。

説明書きにあったモルジブフィッシュは、鰹節を思い浮かべてもらえれば大きく外れません。
節系の旨味、野菜の甘味、強めにローストしたスパイス、動物系の旨味とくれば、
私の大好きな札幌スープカレーにあるパターンの1つです。
おそらく札幌スープカレーかその源流であるスリランカのカレーにインスパイアされているのだろうと思います。

好みのパターンですが首都圏では中々食べられないのでこれはすごく嬉しい!!
また味のバランスも節系の香りが強めで攻めてる感じが非常に良いです。
うまいな~、うまいな~という心の中の叫びと共にスプーンは止まらず、一気に食べてしまいました~。


付け合わせのキャベツのピクルスもいい塩梅でした。
DSCN1656.jpg
そりゃもう、ご機嫌ですよ~。



comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。