--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.30
Mon





最近無性にハンバーグを食べたい気分になることが多いのですが、色々調べてみるも今一つピンと来ず。
旨いものに詳しい友人に尋ねたところ、こちらのお店を薦めていただきました。

小田保 食べログのページ

DSCN1005.jpg

築地場内にあるこちらのお店。
以前伺ったお店のすぐ近く(2軒隣だったかな?)です。





注文し、待つこと10分強で到着。
DSCN1006.jpg
ハンバーグ定食。
目玉焼きは目玉が2ヶ。ポテサラがちょっとのっかってます。


ハンバーグに寄ってみます。
DSCN1007.jpg
ツヤツヤテカテカパンパンです。
ソースはケチャップやウスターソースのような甘味・酸味を感じる家庭的な味。

パンパンに膨らんだハンバーグに箸を入れると、
DSCN1008.jpg
肉汁ジュワーーーです。
このソースをたっぷりつけてご飯と一緒でも良し、キャベツに絡めてご飯と一緒でも良し。結局ご飯です(笑)


期待以上で大満足。
また来よう~。

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
09.29
Sun





友人からオススメされていたラーメン屋さんに伺いました。

麺工房 武 お店のHP

DSCN0979.jpg

そのお店で食べるべきオススメのラーメンは、カレー好きにこその品だとか。


その前に、
DSCN0982.jpg
水餃子。
モチモチの皮がおいしく、肉汁もジュワっと。


餃子を食べ終わる頃に、ラーメンが到着。
DSCN0984.jpg
牛塩ラーメン。
隣には特製のガラムマサラ。
最初3分の1はそのままで。
牛骨でとったスープはあっさりさっぱりですが、味の厚みを感じます。
具材は牛ロース、ネギ、のりのシンプルな構成ですが、スープにぴったり。
麺も細めで自分好みの食感でした。これは旨いです!!!!


DSCN0986.jpg
まずはガラムマサラを入れてみます。
あっさりスープにスパイス感が乗っかって、スープを飲むレンゲが止まらなくなりそう。


すると、店主さんからこちらが提供されました。
DSCN0988.jpg
特製ラー油。


これを投入すると、
DSCN0989.jpg
スープが真っ赤に!
結構辛いので、苦手な方は少しずつ入れながら味を見たほうがよいかと思います。
全部入れると辛味も中々ですが、先程のガラムマサラとの相乗効果かスパイシーさが格段にUP!!辛旨です。


スパイシーなスープはこれで〆。
DSCN0990.jpg


スープへ投入~。
DSCN0993.jpg
苦手でなければ、パクチーも付けていただけるので是非!
これはカレーが好きな方にはたまらんでしょう。



実は、最初からガラムマサラとラー油を入れて作っていただくこともできるそうで、
スパイスとスープが馴染むことでまた旨いとか。次回はそれでいってみます。

comment 2 trackback 0
09.25
Wed





何年も前からこちらのお店を知る友人に誘っていただきました。

ニルヴァナム お店のHP

DSCN0943.jpg


インド料理を日頃からよく召し上がっている方々とご一緒に。
まずはおつまみ的なものからということで、5品ほど注文しました。


DSCN0945.jpg
ウディン・ワダ。
潰したレンズ豆をドーナツ状にして軽く揚げたもの。
ふわっふわで香ばしい香りがたまりません。チャトニをつけて、さらに旨い!


DSCN0946.jpg
パニール・チリ。
味付きカッテージチーズをグリーンチリと一緒に強火で炒めた料理。
カッテージチーズの食感はフレッシュモッツァレラをもう少しギュッとしたような。
チーズ自体は淡白なんだけれど、エビチリと酢豚の中間のような調理で濃いめの味付け。旨い。
グリーンチリがけっこう辛い!ビールが合うやつです。


DSCN0947.jpg
ゴビ・マンチュリアン。
カリフラワーを素揚げして、中華風の味付けをしたもの。
これもさっきのパニールチリとよく似た味付けでした。当然ビールが合うでしょう。
この時飲んでたのはラムですが、こちらもおいしかった。


DSCN0948.jpg
フィッシュ・ペプドゥ。
カレーリーフとココナッツソースに魚の切り身を混ぜ合わせた料理。
これすんごく旨かった~。カレーリーフとココナッツの香り良し。
1口大の魚を揚げて、ソースと絡めてあるので結構しっかりした味。これメインの定食とかいいな。


DSCN0949.jpg
マトン・スッカ。
カレーリーフとスパイス色々とココナッツで炒めた料理。
説明のようで説明になってないけれど、この日の料理で一番スパイス的なインパクトが大きくて旨かった。


DSCN0951.jpg
ベイビーコーン・フライ。
味付きベイビーコーンをスパイスとカシューナッツと一緒に、強火で炒めた料理。
これもスパイスのパンチが効いていたのと、ベビーコーンの香りが相まっておいしかったな。


DSCN0952.jpg
ゴア・フィッシュ・カレー。
ゴア地方スタイル、その場でローストされたスパイスの香りが効いた魚のカレー。
おいしい魚カレー。なんだけど前半のフィッシュ・ペプドゥのインパクトが大きすぎて、ちょっと尻すぼみ。


DSCN0953.jpg
スタッフド・カプシカム・カレー。
ピーマンの中にポテト、カッテージチーズを詰めてマイルドカレーにつけた料理。
カレー自体はバターチキンとは言わないまでも結構なまったり系。
ピーマンとポテトと一緒に食べると、旨い。カレー単体だとちょっと重いかも。


DSCN0954.jpg
ダル・パラク。
ほのかなスパイス風味の豆とほうれん草のカレー。
これがほっこり担当で注文したものの、思いの外パンチが効いた味にびっくり。
ダルだけどほっこり優しいだけじゃなかった。旨い。


DSCN0957.jpg
モグライ・チキン。
トマト、玉ねぎ、ジンジャーペイストのチキンカレー。
という説明書きがお店のメニューにはありましたが、この名称から連想するのは、
生クリーム・カシューナッツ等ナッツのペースト・ヨーグルトなどが入った白くまったりクリーミーなカレーですが、
こちらで出てきたのは、写真のようなもの。
これはこれでおいしかったのですが、同じ名称でもこんなに違うものが出てくるんだなと感心しました。
そういうところはすごくインドっぽい。気がしました。


DSCN0956.jpg
マトン・ビリヤニ。
長い粒状のバスマティ米使用、マトン入りのスパイス、ハーブで調味されたごはん。
写真がピンボケ。すみません。。。
これもおいしいのですが、やはり同じマトンの料理でも前半に出てきたマトン・スッカと比べるとどうしても。。。


DSCN0958.jpg
パラクライス。
ほうれん草のペーストやスパイスで調味されたごはん。でしょうか。
こっちの方がビリヤニよりもおいしかったです。


DSCN0959.jpg
これの他にもバスマティライスを頼んでいたので、かなりお腹はパンパン。



前半はインパクトの強いおつまみ系メニューでしたから、
後半のカレーの印象が若干薄くなってしまいましたが、
どれを頼んでもハズレないんだろうと思わせる味でした。

機会があれば、昼のランチビュッフェも来てみたいと思います。
comment 0 trackback 0
09.24
Tue





9月初旬。大好きなチキンカレーを食べに伺いました。

カレーのアキンボ お店のHP


この日のメニューはこちら。
DSCN0904.jpg
未食のかぼちゃのカレーに後ろ髪を引かれながら、初志貫徹のチキンカレーを注文しました。


夜のセット、まずは前菜3種。
DSCN0891.jpg
蓮根のオイル漬け。
香りとシャキシャキした歯触りがおいしい。


DSCN0898.jpg
炙りさんま。
炙ったさんまをマリネしたものかな。
酸っぱさがほんのりで脂の甘味がイイ具合。


DSCN0895.jpg
ピクルス。
黄パプリカとかぶ。
アキンボさんのピクルスはいつも旨いな~と。
ピクルス液の味もいいでしょうけど、歯ごたえの残り方というか漬かり具合というかが好きです。


DSCN0899.jpg
ご飯。大盛り。
ここのチキンカレーを食べるときは大盛り必須。
普通盛りだとすぐ無くなっちゃいますからね。


DSCN0900.jpg
チキンカレー。大盛り。
神々しい。


ご飯にかけますよ。
DSCN0901.jpg
旨いなぁ~


DSCN0903.jpg
すっかり日が暮れてました。


comment 0 trackback 0
09.23
Mon





今回も土曜日の朝食に。

長生庵 食べログのページ

DSCN0839.jpg
色々メニューが貼ってあって、迷います。


DSCN0838.jpg
茄子と肉味噌の相性の良さは。。。言わずもがなです。


DSCN0840.jpg
冷し米なすと豚ひき肉のそば。
しその香りがさっぱり。山椒とラー油をかけるとスパイシーでおいしい!


DSCN0842.jpg
そば湯も忘れずに。


DSCN0844.jpg



comment 0 trackback 0
09.22
Sun





8月某日。またこちらのお店へ伺いました。

ディラン 食べログのページ

DSCN0864.jpg
黒板のメニュー表記が無くなっていました。
メニューは日によって違っていますので、お目当ての品があるかは行ってみてからのお楽しみ。

前回来たときにも気になっていたこちらを注文しました。
DSCN0865.jpg
チキンとほうれん草。
ゴロゴロ入っているチキンは、前回よりは分かりやすいでしょうか。この日もプリッとした食感は健在。
ほうれん草はペーストではなく、みじん切り。
カレーのスパイシーさとほうれん草のまろやかさが共存していて、おいしいです。


。。
。。。


と、写真が少なくて寂しいので、別な日のカレーも。
DSCN0724.jpg
ラムと大根。
ラムもおいしいんですが、大根がまた旨い。
これ、ご飯がすすみます。



メニューがちょこちょこ変わるので、今後も要チェックです。

comment 0 trackback 0
09.21
Sat






8月下旬。こちらのお店でイベントが開催されまして、参加させていただきました。

華麗なるカレー お店のHP

今回のイベントは、麺コラボ。
凄腕ラーメン職人さん(以下、くまひげさん)とコラボした、真夏の磯遊びがテーマの『カレー×ラーメン』がメインに控えております。
その前に、こちらのお店のイベントではお馴染みのおつまみ達のターン。
このターンの間におつまみ食べて旨い旨い言いながら、参加されている皆さんとお話する時間が楽しいのです。


という訳でまずこちらから。
DSCN0819.jpg
唐揚げ。
1発目からグイッと心を掴まれます。
噛みしめた時の鶏肉の肉々しさといいますか、ギュッとした旨味にやられちゃいました。

DSCN0821.jpg
春巻き。
こちらのおつまみでは定番のメンツです。
サクットロッで熱っとなるのはいつものこと。
メインが控えているのに、ご飯が食べたくなりますがガマンガマン。

続いてこちら。
DSCN0820.jpg
ポテトサラダ。
非常にいいタイミングでした。タンタンウンタン♪のウンです。旨くてホッとしますよ。
ポテサラって、各家庭の味もお店で食べる味もいい。作る人の数だけ味がある、その辺りはカレーライスと同じようなものでしょう。


DSCN0823.jpg
鮑の肝を煮付けて、薬味と一緒に。
鮑の肝の旨さがブワァ~っと口に広がります。すんごい珍味です。
ご一緒した方々の多数がこれと旨い日本酒をチビチビしながら、幸せな表情を浮かべてらっしゃいました!

これは完全に伏線ですよね。
肝が出てくるんなら、どっかで身も。。。とざわざわしていました。


DSCN0824.jpg
生ハム入りのコールスロー。
ハムの塩気と絶妙な味付けのコールスロー。これ好きだわ~。ホント塩梅がいいっていうのはこのことです。
自分の家でこの盛りを1人前と言って出されても、多分全部食べちゃいますね。素晴らしかった。


DSCN0828.jpg
チョリソー。
本物のチョリソーだそうで、肉感が半端ないんです!!
噛みしめた時の弾ける感じ、肉汁が迸る(こんなときにしか使わない漢字!)とは正にこの事ぉぉぉぉ!!!
凄かったなぁ~。こんな凄いものをまた食べられる日が来ることを切に願います。


DSCN0831.jpg
ラム餃子。
何度食べても旨い。
焼餃子の基準がこれになってしまうと、今後の人生少しだけ苦労するかもしれません。そういう旨さです。


DSCN0833.jpg
ハムカツ。
忘れたころの揚げもの~!
普段の夜メニューのおつまみ3点盛りに入ってくることがあるので、食べる機会は多いのですが、
こいつの安定感は日々増しているような気がします。出てくる度に「ああ旨い」って言ってる気がします。


今回のラスボスはこちら。
DSCN0834.jpg
真夏の磯遊び。
澄んだ冷たいスープに綺麗な麺。その上には車海老、鮑、海ブドウ。

くまひげさんがその日打った麺、少し平たくて捻じれてて食感が好きです。
スープをすすると昆布出汁がメインで鰹がほんのり香ります。聞くとアサリの出汁も入っているとのこと。
このスープと海ブドウが合う。海ブドウをこういう形で食べさせようっていうアイディアが凄いです。
車海老と鮑も具として圧倒的に旨い。ど直球の旨さで、思わずため息が出てニヤけちゃいますよ。

で、かき混ぜると。。。
DSCN0837.jpg
下からカレーが出てきました!!
スープをすすっている時に、エラいスパイシーなのが下にいるぞと思ってたんですが、
麺をひっくり返してみると、ゴーーンと香ってきました。
レギュラーメニューのポークを想わせる酸味・辛味ですが、マスター曰くスパイスの調合など別ものだそう。
スープと混ざり合って麺に絡んでそれを夢中ですすって。。。って、あっという間に麺完食です。
丼にはカレーが残っていましたから。。。

当然、ご飯をお願いしましたよ!!

混ざっちゃってるので、画像は割愛しました(笑)
これがまた旨くて旨くて。おそらく2度と食べられないんだろうなぁ。。。
そして、この丼はこのコラボ麺の為にくまひげさんの自前で持参してくださったもので、
おいしいラーメンとカレーがもっとおいしく食べられた気がします。ありがとうございました<(_ _)>


DSCN0815.jpg
そういえば、お店に向かう途中のスカイツリーがいつもよりも綺麗だったのですが、
この日の夜が素敵な思い出になることを示唆していたのでしょう。


マスター、くまひげさん、ご一緒してくださった皆さま、ありがとうございました。

comment 0 trackback 0
09.20
Fri





8月某日。千葉県野田市にあるパキスタンレストランへ伺いました。

HANDI ハンディー 食べログのページ

DSCN0756.jpg


こちらのお店の常連さんが幹事をしてくださった食事会に誘っていただいきました。
お店の方と打ち合わせをして組んで下さった特別メニューがこちら。
DSCN0750.jpg
DSCN0751.jpg
そこかしこに"マトン"の文字が。胸躍ります。

という心の躍動をよそに、まずはこちらから。
DSCN0737.jpg
サラダ。
これから肉祭ですから。こういう縁の下の力持ち的な存在が必要です。


ここからが肉祭。というか羊祭。
DSCN0740.jpg
Mutton Joint Steam(マトン ジョイント スチーム)。
スパイスをまぶしたマトンのすね肉をスチームしたもの。とのこと。(メニュー⑦)
肉はホロっとして柔らかく、旨味十分。スパイスと羊の香りが素晴らしい。


DSCN0743.jpg
Sindi Biryani(シンディー ビリヤニ)。
サフランの風味豊かな、じゃがいもとチキンのスパイシー・パエリヤ風ライス。とのこと。(メニュー⑤)
香りがすんごく良くて、食欲をそそられました。

なんでしょう。サフランを入れて炊いたご飯って、独特の旨味があるように感じるのですが気のせいでしょうか。
もちろん、食材の出汁が出ているから旨味があるのはそうなんですが。。。
なので、サフランというスパイスは私の中では、その香りや色よりも"旨味"という認識です。
勝手にそういうことにしています(笑)

と、まぁ少し話が逸れましたが、このビリヤニはとにかく旨かったのです。



DSCN0747.jpg
Mutton Kuna(マトン コンナ)。
自家製ヨーグルトをベースに、パプリカやブラック・クミンシードを利かせたマトンカレー。とのこと。(メニュー⑥)
写真はボケてますが、カレーは旨かった。白いご飯でも食べてみたかった。。。絶対合うし旨いはず!


DSCN0746.jpg
White Korma(ホワイト コルマ)。
自家製ヨーグルト、カシューナッツ、生クリームがベースのホワイト・マトンカレー。とのこと。(メニュー③)
こいつは間違いなく、チャパティとかに合うヤツです。単体で食べてももちろん旨いのですが。

余談ですが、このカレーは白いだけあって、結婚式みたいなおめでたい席で食べるんだそう。
これだけ旨かったら、めでたくなくても食べたい。というより、食べれば旨くてめでたくなる。
そしたらもう一回食べれば旨くてめでたい。めでたく無限ループ完成。という使い方もあり?



DSCN0749.jpg
メニュー名。。。失念。。。しました。。。。。。写真だけ撮って満足してた。。。
羊であることにはかわりはないはずですが、すごく旨かった
それだけは間違いありません。大事なことなので、すごく旨かった。もう1回言っておきました。


DSCN0752.jpg
Kiyatori Ghosht(キヤトリ ゴーシュト)。
ズッキーニとマトンのカレー。とのこと。(メニュー②)
黄色のクタッとしたのがズッキーニ。
日本人だと野菜は食感がある程度残っていた方が好きなんだろうなと。でも旨いんですよ。
旨いっていうのが、一番説得力がある。納得しました。


DSCN0754.jpg
キール。
牛乳と米で作る甘いお粥。だそうなのだが、こちらのお店はプリンみたいな食感。
で、甘味が程良くて非常においしい。
普段はこういう料理のデザートは頭が痛くなるくらい甘いことが多いのでほとんど食べませんが、
これはごく普通のスイーツと比べても遜色無く、おいしいと言えるものでした。


DSCN0755.jpg
チャイ。
これで〆るとホッとします。



ということで、肉祭もとい羊祭が終わりを告げたのでした。

パキスタン料理に対して、肉・油のイメージが強かったのですが、
食後感としてお腹一杯ではあるものの、上記のような印象からくるくどさ等は一切ありませんでした。
また、特別メニューを用意して、おもてなししていただいたりと、
パキスタンに対するイメージが変わった、楽しく意義のある食事会でした。


幹事さん、ご一緒した皆さま、お店の方々、ありがとうございました。




comment 0 trackback 0
09.17
Tue





つい先日、四川家庭料理を食べに、こちらのお店へ伺いました。

DSCN1037.jpg

珍々 食べログのページ

TVドラマ『孤独のグルメ』を観ている方にはおなじみのお店です。
予約で一杯だったようで、18時開店早々に来た客が入店できませんでした。
やはりTVに出たこともあり、予約必須なようですね。

この日は幹事さんが事前に注文してくださっていたので、ゆっくりと味わうことができました。
メニュー名の後に書いたものは私のメモですのであしからず。では、スタート。


1品目。
DSCN1038.jpg
蒜泥白肉。
豚肉のニンニクタレかけ。
豚肉の下には、きゅうりのたたきが。
これは最初の1品目として、ビッタリでした。
こいつのタレをご飯にかけると、抜群に旨いとか。


2品目。
DSCN1039.jpg
家郷鶏。
茹で鶏に青唐辛子のタレがかかったやつ。
青唐辛子がビシッと効いて、鶏ももの旨味を引き立ててます。
こいつのタレもご飯にかけると旨いとか。


3品目。
DSCN1041.jpg
辣子蝦仁。
大量の赤唐辛子を一緒に海老の素揚げ。
唐辛子の香りがたまりません。海老ちゃん旨し。
うかつに唐辛子を食べてみましたが、むちゃくちゃ辛いです。絶対食べちゃダメです。絶対です。


4品目。
DSCN1040.jpg
まんが飯。
ライスを注文したら、こんな形でご提供~。
1、2品目のタレをかけて食べました。すんごく旨かった~。



5品目。
DSCN1044.jpg
泡菜土豆絲。
ジャガイモの細切り炒め。
この辺で箸休め的なヤツです。でも結構塩気があって、十分単体でもスゴイヤツです。
ジャガイモを炒めたシャキシャキした食感も小気味良し!


6品目。
DSCN1045.jpg
盐煎肉。
豚肉の豆豉炒め。
ヴィジュアルが全てを物語るヤツです。安定の旨さ。



7品目。
DSCN1049.jpg
干扁四季豆。
インゲンの豆豉炒め。
インゲンと油が馴染んで甘くておいしい。ここまで甘味がほとんど無かったので、よけいに甘く感じます。
地味にひき肉がいい仕事してました。


8品目。
DSCN1050.jpg
泡菜魚。
魚の四川漬物煮込み。

DSCN1051.jpg
花椒の香りが爽やかで、鮮烈な塩気。魚の淡い味とのコントラストが良いです。ご飯がすすみます。


9品目。
DSCN1052.jpg
水餃子。
皮がモチモチ。中ジューシーで旨し!

DSCN1053.jpg
湯気で曇っちゃってますが、隣のタレが旨い。
黒酢がベースのようですが、薬味らしきものが香ばしくて餃子がよりおいしくなります。


10品目。
DSCN1054.jpg
麻婆豆腐。
ソース部分は意外とあっさり。絹ごし豆腐がツルっと入ってきます。旨い。


11品目。
DSCN1055.jpg
炒飯。
チャーシューが燻されているのか香りがすごく豊か。青唐辛子が入っていたりで、今まで食べたことが無い味。
これも旨いな~。


12品目。
DSCN1056.jpg
じゃがとろ。
マッシュポテトにゴマ油の香りとほんのり酸味のある餡がかかってます。これは名物だけあってすごく旨いです。
デザートにふさわしい?メニューでした。


DSCN1058.jpg

おいしい上に予想以上に盛り沢山で、ご一緒した皆さんもお腹一杯で大満足だったよう。
幹事さん始め、ご一緒していただいた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

今回いただいたメニュー以外にも、気になるものがありました。
それは、またの機会のお楽しみにしようと思います。
comment 0 trackback 0
09.16
Mon





東京駅八重洲地下街でおいしい南インドのカレーが食べられます。

南インドカレー&バル エリックサウス お店のHP

ミールスもあるのですが、この日はお目当てがありまして。
そちらを注文して待ちます。


カレーが到着。
DSCN0730.jpg
ポークビンダルー プレートB。
選べるカレーは、チキンを。


DSCN0731.jpg
ポークビンダルー エクストラスパイシー。
辛めではありますが、このくらいの辛さで汗をかくのも良し。
味も甘味・酸味・辛味のバランスがよく、おいしい!


DSCN0733.jpg
キャベツのポリヤル。
キャベツの歯ごたえと甘味がいいアクセント。


夜はバルとしても使えるようなので、そちらも気になってます。
あと、カウンター席は隣との間隔が少し近いので、ひょんなことでお隣さんと話が弾んで楽しいかも。
ちなみにこの日は、インド人のIT技術者らしき若者と
 ・日本とインドの夏の違い
 ・おすすめのインド料理屋
 ・北海道の話 など 
について、話してお店を後にしました。


comment 0 trackback 0
09.15
Sun





お盆で平日休みだったので、ようやくこちらのお店へ。

ディラーニさんのスリランカカレー お店のHP

DSCN0710.jpg




こちらのお店は、厨房から日替わりのカレーを1人前出していただき、
ご飯、豆カレー、野菜カレーを自分でお皿に盛り付ける方式。おかわりはできないので注意です。

DSCN0712.jpg
上から、豆カレー、野菜カレー、サラダにのせるはずの豆。

DSCN0713.jpg
この日は、ビーフカレーでした。
ココナッツがまろやかですが、結構スパイシー。
豆カレーや野菜カレーと混ぜて食べると、ものすごく旨い!!

これにドリンクが付いて、800円ですから大満足。
平日ランチのみとハードルは高いですが、また食べたいカレーです。


comment 0 trackback 0
09.14
Sat





千葉県、西の名店へ。

サールナート 食べログのページ

友人と千葉のカレー屋の話をしていた際に「行こうぜ!」となり、早速翌日伺うことに。

JR船橋駅に集合して、大神宮の方へ歩いて向かいます。
開店10分前に着けば大丈夫だろうと思っていたのですが、さすが人気店。
すでに10人ほど並んでいました。。。

おそらく1回転目の入店は無理と踏んで、
我々は向かいのコンビニで飲み物を買って、熱中症対策を。
案の定、開店から約45分後に入店となりました。


メニューはこちら。
DSCN0853.jpg
本日のカレーは、ナス・キャベツ・ひき肉のスパイス炒めでした。

あれこれ迷った結果、3人で5種類を網羅する形に。
DSCN0845.jpg
カレープレート到着。

DSCN0846.jpg
非常に分かりにくいですが、左がバタークリーム、右がチキン。
チキンの味のバランスの絶妙さ。旨い。

DSCN0847.jpg
このナンが表面パリパリサクサクで、ここのバタークリームとベストマッチ。
他のお店にはない食感と味。このコンビネーションを味わう為に食べにくる価値があると思います。

DSCN0849.jpg
全員分のカレープレート全景。絶景です。

DSCN0851.jpg
左がエッグベジ。右はバタークリーム。

DSCN0852.jpg
左は本日のカレー:ナス・キャベツ・ひき肉のスパイス炒め。右はマトン。
少しずつ自分が注文しなかった品を味見させていただきましたが、どれもおいしい。
ハズレは何一つなかった~。


DSCN0854.jpg
〆のチャイ。



実はこの沿線に住んでいた数年前に1度伺ったことがあるのですが、
その時を遥かに上回る感動がありました。
おそらく、私のカレー経験値が増えていたからではないかと。

ナンがあれだけおいしかったので、タンドール料理は抜群に旨いのではないかと予想できます。
近い内に夜も伺おうと思います。
comment 0 trackback 0
09.13
Fri





随分前になってしまいましたが、友人からお誘いがあり、
カツカレーがおいしいお店へ連れて行っていただきました。

びすとろ もちゴリラ お店のHP


おいしいカレーライスのお店やインド料理のお店はたくさんありますが、
カツカレーがおいしいお店って中々聞きませんよね。

DSCN0545_01.jpg
メニューを見てみると、カレー以外の料理も気になり、色々頼んでみることに。

DSCN0537.jpg
3種のチーズとニラ・ザ・グリーンのパテ(バゲット付き)。
濃厚なチーズとニラの香りでパンが捗ります。


DSCN0542.jpg
スモークタン入りポテトサラダ。
タンの塩気がポテトサラダと好相性!


DSCN0540.jpg
山芋のスパイシー いも フライドポテト。
サクサクした食感とガラムマサラ的なパウダーが旨し。


DSCN0543.jpg
柔軟もちゴリラのその日決めキッシュ。
ベタな味ですが、いわゆる鉄板。


DSCN0546_01.jpg
そろそろカツカレーを。

DSCN0552.jpg
マウンテンもちゴリラ全部のせcurry+パクチー。


DSCN0547.jpg
スープカレーちっく。
カレーはかなりスパイシー!パクチーがいい仕事してます。


DSCN0549.jpg
キーマと野菜。
どちらもハイクオリティ。それぞれが単品でも十分おいしいカレー。


DSCN0550.jpg
カツレツ~。
とんかつではなくてカツレツ。イタリアンなヤツです。
カレーとの親和性が高く、カツカレーの名に不足なし!!


DSCN0555.jpg
ハニートースト。
正式な商品名は失念しました。。。
アイスの甘さとはちみつの甘さで頭がトロトロです(笑)



少しなめてました。
カツカレーとしての完成度はこれまで食べたカツカレーの中でも頭2つ位抜けてる気がします。



comment 0 trackback 0
09.12
Thu





8月某日。友人に誘っていただき、この日はフレンチを。

Aux Gourmands オー・グルマン お店のHP

こちらのお店は、この日の幹事さまに以前誘っていただいてランチをご一緒して以来、しばらくぶり。
その際もいたく感激したのですが、今回はディナータイムとあって、期待も倍増です。


というわけで、
DSCN0675.jpg
アミューズ:トマトのソルベ。
前菜の前菜というやつです。
ティースプーン1口ですが、トマトガツーーン。で、すっと消える。
この時点でこの先が間違いないという確信を強固なものにしてくれますね。



で、ここから

前菜2品、メイン、チーズ、デザート、飲み物

というコースが始まるのですが、色々食べたいこの日の我々4人は中々メニューを絞り切れず。
もちろん事前にHPのメニューを見て、各自入念なイメージトレーニングを何度もしてきたはず。
ですがというのか、やはりというのか、その入念なイメトレが仇となった模様。

結局、前菜1皿ずつの量を少しずつ減らして調整していただくことで、

前菜品、とある前菜2人前1皿をシェア、メイン、チーズ、デザート、飲み物

という一見無謀とも思えるような要望を、お店の方々が叶えてくださいました。
(実際、心配していただきましたし。)

それでは、パンを食べて心を整えます。
DSCN0676.jpg
このパンすんごくおいしい。
放っておいたら、何個も食べちゃいそう。というか、確実に食べますよ。


。。
。。。

ここから本当の始まり。
ここからコースも始まりますが、私の表現の著しい劣化も始まります(笑)。


前菜1皿目。
DSCN0678.jpg
生ウニのコンソメゼリー寄せ ヴィッシソワーズ仕立て。
旨くて呻りました。ウニ・コンソメ・ジャガイモ一緒に口に入れるとそうなるかと。
だって、ウニをこういう組合せで食べることは普段そう無いのです。
磯の香り、甘さ、旨味、塩気他にも感じることは色々あるのだけれど、言葉にうまく纏めきれなくて。
ただただ旨い。無くなっていくのが惜しくて寂しい。まだ1品目なのに(笑)


続いて、前菜2品目。
DSCN0680.jpg
鮎のブランダード風。
鮎の身や肝をすりつぶしたジャガイモと混ぜて調味したものを鮎の皮に詰めてあります。
ソースはバジルの香りが爽やか。
鮎を食べた経験があまり無いのですが、料理自体は香りが豊かで肝の苦味がほんのり効いてておいしかったです。
頭がカリカリでこれもおいしいんです。



さぁドンドン来い!前菜3品目。
DSCN0681.jpg
サマートリュフとフォアグラのリゾット 赤ワインソース。
ある程度しっかり実態のあるトリュフをこんなに食べるのは初めて。それにしてもすごい量です(笑)
食べる前はトリュフ特有の香りなんて記憶にないので、キノコの香りのものすごく芳しさに圧倒されました。

トリュフを少し横によけてみると。。。
DSCN0683.jpg
はい~~~~、フォアグラ~~~~。
一口食べて旨い。また一口食べて旨い。次の一口も旨い。。。。
とかしている内に、すぐに完食。じっくり味わって食べたんですが、あっという間でした。
もう1皿食べたいくらい、名残惜しかった~。


4人で2人前をシェアした前菜4皿目。
DSCN0684.jpg
和牛赤ワイン煮の手打ちパスタ。
手打ちのモチモチしたパスタに、クリームソースと赤ワイン煮が混ざったソースが良く絡んでます。
そうはいってもパスタでしょ?と舐めてましたが、これも相当に旨い。
1人前でも余裕でペロリといけただろうなぁ。。。


さて、メインはこちら。
DSCN0686.jpg
和牛の炭火焼き。
この色!綺麗!!
しっとりしてて、噛みしめると肉汁が。肉食ってるぜ!!って感じがたまらんです。
文字通り、幸せを噛みしめていました。

逆サイドからも。
DSCN0688.jpg
野菜もおいしいんです。
ニンジンの土の香りがして甘い。ズッキーニはジューシー。インゲンもシャキシャキで。


こちらはご一緒した方のメインの皿。
DSCN0690.jpg
子羊スペアリブの炭火焼 焼き汁のソースで。
羊のカルビです。骨までしゃぶりつくおいしさ。


デザート前に一息。
DSCN0691.jpg
チーズの盛り合わせ。
ドライフルーツやバゲットと一緒に。
どれもおいしかったのですが、結構クセの強いものもあり少しビックリしました。


最後のデザート。
DSCN0693.jpg
チョコレート好きの作ったチョコレートケーキ。
というだけあって、直球どストレートの味。最後まで抜かりなし!
あ、この後エスプレッソもいただいて、コースは終了。



どの料理もおいしくて、「おぉぉぉぉ~」とか「あぁぁぁぁ~」とか呻ってしまいました。
また、ご一緒した皆さんとのお話が楽しくって、あっという間に時間が過ぎて。

ご一緒していただいた皆さま、お店の方々、ありがとうございました。




comment 2 trackback 0
09.08
Sun





もう8~9年前に伺って以来のこちらのお店へ。

こうかいぼう 食べログのページ

仕事終わりに夕食どうしようかと色々思いを巡らせていたところ、
ふとこちらのお店が頭に浮かび、久しぶりに伺ってみました。

開店10分前に到着して、4名待ち。
開店時、私の後に6、7人並んでる。変わらぬ繁盛ぶり。


記憶通りの奥様の丁寧な接客。
ご主人の笑顔が素敵だったのも。


注文から10分ほどで到着。
DSCN0763.jpg
らーめん。
スープが魚介と動物のWスープだったのは覚えていたのですが、麺が太麺だったのはすっかり忘れていました。
煮干しが少し強めのバランスで、いい香り。おいしい。
意外と塩気が感じられて、ものすごく優しいスープという記憶ほどではなく丁度良い塩梅。
チャーシューはしっとり、メンマは太く食べ応えアリ。

せっかくなのでサイドメニューも。
DSCN0765.jpg
チャーシュー丼。
らーめんにのっている物よりもホロホロで味もしっかり。


DSCN0768.jpg
水餃子。
皮がもちもちしていて、食べ応えがあります。
餡もおいしく、肉汁ジューシー。



それなりに歳を重ねているだけあって、味の好みも当時とは違う訳で。
新鮮な気持ちで味わうことができて良かった。



DSCN0773.jpg
帰り道、やっぱり当時のことを思い出したり。
8、9年経つと、いろんなことが変わってるんだなとか、思ったりしました。


続きを読む
comment 0 trackback 0
09.05
Thu





ふらっと、伺いました。

カレーのアキンボ お店のHP

夜のセット、前菜3種。
DSCN0671.jpg
オクラのスパイス炒め、サバのオイル漬け、ピクルス。

DSCN0673.jpg
茄子とオクラのカレー。

DSCN0674.jpg
素揚げされた茄子の艶が食欲をそそります。
茄子の素揚げは偉大だな。週替わりの汁系カレーが穏やかでとても良く合います。



comment 0 trackback 0
09.04
Wed





8月初め。いつもお世話になっているこちらのお店に。

華麗なるカレー お店のHP

羊とカレーが好きという友人と一緒に伺いました。
おつまみ盛り合わせもいただいたのですが、そちらの写真を撮り忘れる失態。。。

まぁ、気を取り直して。

DSCN0667.jpg
予約していたラムチョップ。胡椒とマスタードで。
羊が好きという友人もウマい!!と太鼓判。

このラムチョップは8本1ブロックの仕入れということで、私と友人で2本ずつ。
残りは他の常連さんが召し上がっていました。


〆にカレーを。
DSCN0668.jpg
夏野菜キーマ。
いつ見ても色鮮やかで野菜とご飯が旨いカレー。

今、9月ですからもう終わってるかな。
また来年食べられることを願って。




comment 0 trackback 0
09.03
Tue





8月某日。
何となく冷たい麺が食べたくなり、伺ったのがこちら。

与ろゐ屋 お店のHP

とあるカレー屋さんでこちらの話を伺ったのがお店を知ったきっかけで、今回2度目。
夏限定の梅を使った冷やし麺を狙っていたのですが品切。
ということで、冷やし中華をいただきました。

DSCN0665.jpg
隣のゴマだれをかけて、味の変化を楽しめるようで、
1皿で2度おいしいというお得な仕様です。

DSCN0666.jpg
私は冷やし中華というと、食材ごとに並んでいる印象が強いですが、
今回のちらし寿司的盛り付けいいです。
味は王道の甘酸っぱ醤油なのですが、バランスが良いです。
ゴマだれを加えるとこれまたいい塩梅。

今年も冷やし中華食べられて良かった~。
comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。